アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
チェンマイの歩き方(物価編)
チェンマイ駅からターペー門まで、距離にして1.5Kmぐらいだと思うが、トゥクトゥクで50バーツだった。
何台かのトゥクトゥク・ドライバーと交渉したがびた一文まけて貰えなかった。
駅前に客待ちしているドライバー達は、結託して料金交渉に応じない。
この街の運ちゃん達は相当手ごわいなぁという最初からの印象。

06DSCN2988.jpg
チェンマイの歩き方と云っても、「地球の歩き方」に書いてある以上の情報はそんなにない。
一応、リアルタイム、生情報をお届けします。

トゥクトゥクは兎に角ボったくる。話にならない。
チェンマイ市内(旧市街、新市街)の見どころの大半はターペー門を中心してみた場合は、殆どが徒歩、自転車圏内なので基本的に、チェンマイの行き帰りの交通手段として以外にトゥクトゥクは全く利用しなかった。

ゲストハウス(ターペー門近く)→ アーケイド・バス・ターミナル 60バーツ

アーケイド・バス・ターミナルは、チェンマイ市街地からだいぶ離れた場所にある、バンコク発着便があるバス・ターミナル。
チェンマイからの帰りはバスを利用しました。

レンタル自転車:50バーツ/1日

ディポジットとしてパスポートを預けるか、補償金が必要。僕は、パスポートを預けました。
ターペー門付近にレンタル自転車、バイク、自動車屋が多数あります。

06DSCN3006.jpg
チェンマイの歩き方の注意は、”歩き方”と云うより”道路の渡り方”の注意といった方がいいかな。
チェンマイ市内を二分しているのが新市街と旧市街で、それらを隔てているのはお堀とその周り囲む道路だ。
その道路の交通量が非常に多く、かつ、信号機が少ない。この道路を渡る時が、一番面倒くさいというか緊張したな。
車と車の間をすり抜けるように渡らなければならない。タイには歩行者優先なんて概念はないのだ。
歩行者の方が車に注意して車道を渡る。
チェンマイに限らず、これタイの路上のルールね。
一端、旧市街、新市街に入っちゃえば、のんびりとした町並みが覗けるが、そこへの行き来の道路横断が一番面倒くさい。渡るタイミングを図るため数分も炎天下で立ち往生なんてこともしばしばあります。

衣・食・住の”食”については、チェンマイは、貧乏旅行者の胃袋を満たすに余りある程、安くて美味しいものには事欠きません。

05DSCN3133.jpg
地元民が利用する典型的な食堂です。バンコクの同じような店より、大分というか、かなり清潔感があり、利用しやすいです。難点は、値段は安いがメニューがタイ語オンリーの場合があること。

06DSCN3132.jpg
そういう場合は、他人が美味しそうに食べている物を指さして、日本語、”これ”と云えばOKです。
(言葉の意味は通じなくても、大体の行為でこちらの思いは伝わるものだ)
チェンマイに限らず、タイ全土で、どこでも食べられるタイ・ヌードル。
疲れた胃(お酒でね)に染み渡るあっさりスープのライス・ヌードルだ。
大体20バーツ~30バーツぐらいで頂ける。
外国人(ファラン)向けのレストランを利用しない限り、2年前より気持ち物価が上がった気もするが、食事だけなら1日、100バーツ~150バーツで十分満たされる。
(ビール、ドリンク代は別ね)

ビールは、お店で飲むと、シンハーのミニボトルで50バーツ~60バーツ。
コンビニで買えば、350mlの缶ビールが35~39バーツぐらいで手に入ります。日本円に換算するとミネラルウォーターより安い。
これでは、酒飲みには、一生、お酒を止めることはできませんね。

01IMG_8017.jpg
衣・食・住の”住”のゲストハウスは、ターペー門付近にピンからキリまで、無数にあります。
日本人向けフリーペーパー”ちゃお”に、最近の経済状況の悪化から旅行者が激減し、ホテル、ゲストハウスが売りに出されている記事が掲載されていました。
確かに、どのゲストハウスの満室、繁盛しているように見えず、
オフシーズンの今なら(雨季)、100%予約なしでもお目当てのホテル、ゲストハウスに泊まれるでしょう。

これからバックパッカー、個人旅行デビューを計画されている方へ。
一番心配なのが宿の手配だと思います。深夜に目的地に到着して、宿が見つからずに途方にくれるなんてことを想像していませんか?
僕も最初は、予約なしでホテルに泊まれるのか?やっぱり、事前に予約した方が確実なのでは?
でも、言葉が通じないし、うまく説明できない。。。などなど
不安一杯で旅に出ましたが、宿泊に関しては、余程の事情(災害やイベント、お祭り)が無い限り、泊まれないということは1000%ありません。

絶対に大丈夫、必ず、泊まれる宿はあります。(尤も、選好みしない前提ですが・・・)

会話も簡単
"ハロー、サワディー・カップ"
"Do You Have Room?"
"Room OK?"
"How Much?"

今までこんな会話でやってきました。

大抵の答えは、OK で終わりです。

人気のゲストハウスだったりすると、希望の価格帯、設備(エアコン、TV、ホットシャワー・・・)の部屋の空きが無いなんてことはありますが、ゲストハウスなんて、どこも似たり寄ったりなので、直ぐに諦めて、他のゲストハウスを当たりましょう。
どの町でもゲストハウスは密集しているので、1軒あれば、その近くに2,3軒は必ずあります。
況してや、バンコク、チェンマイなどのバックパッカー人気エリアでは、ゲストハウスなんてそれこそ掃いて捨てるほどありますから心配無用です。

最後にオマケ情報としてチェンマイで写真をプリントする方法

ビアバーのお姉ちゃん達にデジカメで撮った写真をプレゼントしようと思い、写真屋さんにUSBメモリでデジカメ画像を持ち込み、プリントしてもらいました。

1枚:10バーツ

USBメモリーを持っていくと、その場で印刷用のPCにデータをコピーしてもらい、1時間後には出来上がります。
いつも海外で撮った写真を、その場で渡してあげたい時があったのですが、タイでもこんな便利なサービスをありますのでご利用してみてはどうですか?

下のボタンをポチっとな


スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。