アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ルンビニー公園
ファランポーンからは地下鉄に乗り、シーロムで降りる

IMG_2942_01.jpg
ガイドブックに地下鉄の改札ゲートは閉まるが早いので気をつけるように書かれてあるが、確かに早い。

僕の前の人は見事に引っかかっていた。
勢いよく閉まるので、かなりのスピードでゲートが太ももに直撃していた。くわばら・・

シーロムの地下鉄駅のそばには、ルンビニー公園がある。ルンビニーとは人の名前ではなく、お釈迦様(ブッダ)が生まれた場所から取ったのだと思う。

ここから市内を眺めると、先進諸国の都市に引けを取らない摩天楼が林立している。

こういう風景だけ見ると間違いなく、タイは、東南アジアにおいては先進国であることが実感する。

IMG_2940_01.jpg

IMG_2966_01.jpg
ルンビニー公園は、バンコク市民の憩いの場所のようだが、日本のような家族でピクニックや、ジョギングしている人たちなどは全く見られない。

まぁ、歩いている人も少ないバンコクで、公園といえども走っている人などおらんわなぁ

それにしても規模が規模だけになんだか不気味な寂しい印象のある公園だ。

ただ、この感想は強ち間違いではない。

夜のルンビニー公園付近は、娼婦の営業エリアに変わる。

昼はのどかな公園も夜は別の顔というわけだ。

タイのフルーツ


パイナップル:10B
メロン:10B

ホテルの帰り道で、これまた恒例のフルーツ買い。

パイナップルはいつでも美味しい、メロンは、ちょっと×。

味がない、匂いが少々きつい。

ホテルに戻ると、フロントで先日出したクリーニングを受け取った。

ハンカチ:10B
パンツ:15B
Tシャツ:25B


タイでは、下着もクリーニングしてくれる。しかも安い。

僕はホテルのランドリーサービスを利用したが、街中にもクリーニング屋があって、こちらはキロ(Kg)当たりで受け付けてくれて、もっと安い。

FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂けましたら、どうか一押しをお願いします

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。