アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ついにやってしまった・・・
IMG_2915_01.jpg
IMG_2905_01.jpg

ワット・ポーの回廊には様々な仏像が安置されている。

どれも金ピカで、日本人の感覚では、エスニック料理店のオブジェのようで御利益薄そうに見えるが、これだけの数が纏まっていると、それはそれで圧巻である。

段々、自分の感覚がタイ人に近づいてきたのだろうか。。

仏像たちに愛着が沸いてくる。

ワット・ポーの回廊で寝ている作業員


と、のほほんと仏像散策をしていると、なんとな!テロ発生か?

何人も倒れておるぞ、サリンでも撒かれたのか?

と思いきや、ただ単に寝ている作業員である。

しかしのう、、、まぁ、これもタイらしい。

場所柄も弁えず、実に豪快に寝とる。

そうそう、これも日本では考えられないことだが、名刹、古刹など禁煙が普通だが、ここはお構いなしである。あっちでプカプカ、こっちでプカプカ、実に大らかである。

でも、ポイ捨てはいかんけどね。
※タイ人のタバコのマナーはけして褒められるものではない

IMG_2913_01.jpg

涅槃像も見たし、マッサージも受けたし、見るべきものは全部見たので帰るとしたところ、ついにやらかしてしまったのだ。

ワット・ポーを出るとメータータクシー、トゥクトゥクが数台客待ちをしている。

迷わず先頭のタクシーの運ちゃんに、ファランポーン駅名を伝えると、その運ちゃんも迷わず答えた

300B

何故か冷静にそのボッタクリ料金を受け入れてしまったのだ。

疲れと暑さのせいだろうか。

なんの抵抗もしなかった。

ガイドブックに書いてある典型的なボッタクリ・タクシーの手口である。

アホだが、その時、ボッタクリも経験の一つであると自分に納得させていた。

しかも、車内はエアコンが効いていて快適である。

しょうがない

タイには定価なのどないのだ。

あるのは売り手と買い手の交渉によってきまる値段だけなのだ。

そのやり取りが面倒だと思ったら、ここでの生活は日本と変わりなくなってしまう。

一瞬、タイ人を嫌いになりそうになったが、ワット・ポーとファランポーン駅間の運賃を300Bにしてしまったのは、他ならぬ自分自身なのだ。

この教訓がこの日の最大の収穫かもしれない。


FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂けましたら、どうか一押しをお願いします

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。