アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アヴァロン(Avalon)
居心地が悪い。

どうも日本は居心地が悪い。

たった2か月程度で、もうお前は帰国子女気どりか!?と思われようが居心地が悪いものは悪いんだから仕方がない。
桜満開、春暖かな日本から思いきや、なんつう寒さなんじゃ
先週は、雪までチラついた。これじゃニューヨークの方が暖かいじゃないか!

電車に乗っても、テレビを見ても、街中を歩いても居心地が悪い。
広告だらけの電車に乗れば、兎に角、”買え、買え、何も考えずに、買え、買え・・・”って脅迫されているような気分になって落ち着かない。
テレビは、テレビで、毎日、毎日、不況だ、不況だの連呼で、不況の実態を詳細にレポートしたところで景気が良くなるわけじゃないのに、よくまぁ、次から次への暗い話題ばかり集めてニュースにできるもんだと感心する。
街中を歩けば、人混みと騒音は、殆ど”凶器”にすら感じる。
肩が擦れた程度で睨みつけられたり、混雑した駅のプラットホームで、他人を突き飛ばさんばかりに駆け抜けて、謝りもせずに電車に駆け込む人。
その電車に乗り遅れたところで、多寡が5分や10分程度の差じゃないか。
その人にとって、その5分がどれほど人生において重要な5分間なんだろうか・・・・

”ここ”は、本当に居心地が悪いわ

08DSCN2431.jpg
時々、テレビや映画の映像の背景がニューヨークだったりすると、ついこの前まで、あそこにいたんだぁ・・という感慨が込み上げてくる。
”ここ”が特別、居心地がいい街というわけじゃないけど、急がず、慌てず、ゆったりと自分のペースで生活する人が多いアメリカは、酷寒と物価高とサービス業の”サービス”の悪さを除けば、案外、居心地がいい場所だったかもしれない。
今更ながら、離れてみて、いいところに気付くいつものパターンの繰り返しだ。

14IMG_7674.jpg
向こうで日系企業のシステム開発の仕事を、主に日本人スタッフを中心に一緒に働いたが、
一番、感じたことは、

日本人は、傲慢である!

特にアメリカの日本人がというわけじゃないと思う。
アジアの日系企業なら、もっと傲慢、無礼に振る舞っているんじゃないかなぁ。
これは、あくまで僕の個人的な感想であって、日本人一般論にする積りはないけど、それでも、やっぱり日本人の本性なのではないかと疑う程、傲慢さ、根拠のない自尊心を振りかざす日本人スタッフの姿を見ることが多い。

彼らの行動論理を支えている一つの思想は、酷い言葉になるが・・・

”日本人は優秀で、アメリカ人はバカ”

という考え方に尽きると思う。

09DSCN2449.jpg
何故に、このような短絡的な結論に至ったのか、簡単に説明すると、
当初は、アメリカ人スタッフを中心にプロジェクトが始まったのだが、その仕事ぶりが良くなかったそうだ。
日系企業のエクゼクティブ連中を納得させるほどのドキュメントを作れなかったそうだ。

結局、彼らアメリカ人スタッフを全部切って、代わりに大量の日本人スタッフを日本から高い航空運賃とホテル代を支払って、最初からプロジェクトをやり直している。

と、こんな風に書くと、やっぱり、アメリカ人はバカで、仕事ができず、だから、サブプライム・ローン、金融恐慌を引き起こすのだ!なんて論理が飛躍しそうだが、後々、やってくる日本人スタッフ達は、この簡単な経緯だけ聞かされて、バイアスの掛かった状態から現地、アメリカ人スタッフと仕事を始めるのだから、最初から見下して仕事をする。
予想通り、悪い結果を見ると、”やっぱりアメリカ人は・・・”ということになるし、ちょっとでもいい結果に出会うと、”すごいじゃん、アメリカ人もやればできるじゃん・・・”
てな感想になる。実に単純だ・・・

という状況を間近で見てきて、僕の最終結論は、

”アホで間抜けな日本のサラリーマン”

という一言に尽きる。
残念だけど、今回、この印象は決定的に僕の脳神経細胞にインプットされてしまった。
恐らく僕の遺伝子にも刷り込まれただろう。

まず、なぜ、当初のアメリカ人スタッフの仕事内容が悪かったのか、全く分析されていない。
結論まず有りきで、最初から、アメリカ人の仕事ぶりは、いい加減だという先入観の下で始めているので、結果がその通りでは分析する必要性も感じないのだろう。

例え、予想どおりだったとしても、
(予想して、そのとおり悪かったのでは、発注責任を問わねばならないのだが)
結果が悪ければ、その原因を追及するのが、”アメリカ的”なのだが、日本人にはそれがない。

アメリカ人スタッフに対する支持が的確だったのか?
(日本的な曖昧、かつ、云わなくても分かるでしょ?的な日本的な仕事のやり方)
彼らのパフォーマンスを最大限発揮できる環境を与えたのか?
そもそも、彼らを信頼して仕事を与えたのか?

己の問題点には全く目をつぶり、相手のアラだけ探して指摘して評価する日本的人事システムをそのまま持ち込み、アメリカ人スタッフを使って、日本の仕事をさせるなんて、日本人ぐらいしか思いつかないだろう。
その上で、アメリカ人の仕事はいい加減だなんて思うんだから、今から60数年前に、アメリカと戦争を始めたアホな軍部と精神構造も思考回路も変わらないんじゃないかな?
全く、進歩がない。

16IMG_7308.jpg
イヌマエル・カントの「永久平和のために」の中に日本について書かれている文章がある。
ちょっと長いが引用すると、

「ひるがえって地球上の文明国を眺めてみよう。
礼儀を備え、誇らかに商業を勤しむ国々が、如何に非友好的であるか。
よその土地、よその民族を訪ねるときの不正ときたら(訪問は征服とみなしている)、まことにおそうべきものである。
東インドでは商社の支店を設けるという口実のもとに軍隊を送りこんだ。
この点、中国と日本は、来訪者をよく見定めて賢明な対処をした。
日本人は入国をヨーロッパの民のうち一つであるオランダ人に限り、しかも、
囚人のように扱って自国民との交わりから閉め出した」


欧米列強がアジアの国々を次々と植民地化していくなか、鎖国を堅守した日本を評価した、今から200年以上前の哲学者の言葉だが、現時点においても通用する恐るべき指摘である。
若干、修正するならば、今の日本は、「軍隊の代わりに”アホで間抜けなサラリーマン”を送り出し、自国民を囚人のように取り扱う」と書けば、実態に近づくだろう。

海外に行けば行くほど、日本の素晴らしさを実感するのも確かだが、
今回ばかりは、それプラス、日本人のアホらしさを実感した。
自覚のないバカほど始末の悪い生き物はない。
今度ばかりは、さすがに絶望した。

いつも、”ここ”ではないどこかを探していたが、”ここ”にも”ここ”でもなかった。
若しかしたら、僕が探している”ここ”とは、”それ”がいない場所なのかもしれない。

ただ、実は、”ここ”がどこにあるのか、最初からわかっていた。
”ここ”へ行く決心がつかなかっただけ。
もう、大丈夫、自分は揺るがない。

To Be A Rock, Not Roll

もうすぐ、そこへ行く。
スポンサーサイト

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。