アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
宗教と観光(2009年ラオス旅行記)
ルアン・パバーン2日目、起きる積もりもなかったのに朝5時半に目が覚めてしまった。
こうなったらあれに行くしかない。ルアン・パバーン名物の朝の托鉢風景。
タイでもお馴染みのオレンジ色の袈裟を着たお坊さんの托鉢風景が名物ということだが、実は、この事は、毎度のことだがルアン・パバーンに着いてから知った。
全く予備知識なしで出かけたものだから、朝一番から強烈なカウンターパンチを貰うことになる。

ゲストハウスを出ると、丁度、通りを挟んで向かい側のゲストハウスに宿泊しているK君も托鉢風景を見るためゲストハウスから出かけたところで偶然に出会った。
”おはようございます。托鉢ですか?”
”はい、そうです”
なんて、会話をしていたら、いきなり見ず知らずのオバちゃんがつかつかと近寄ってきて、いきなり托鉢セットとでもいうような、御座とご飯とお菓子を手渡された。
最初、全く、状況が理解できなかった。
”え?何これ?”って感じで、まだ、完全に目覚めていない脳みそで必死に考えた結論は、このオバちゃんは、托鉢セットを売っているんだ。
僕、一瞬、御座に座りかけてたが、直ぐに考えを改めて立ち去った。K君はそのまま托鉢セットを30,000Kで購入していた。
出会い頭のいきなり詐欺みたいな話だが、そんなオバちゃんたちが数十人も托鉢ポイントとも云える交差点に屯して、観光客にせっせと営業していた。
僕ら観光客が普通に托鉢するとしたら、市場でご飯やお菓子を買わなければならないので、オバちゃんたちから買ったとしても同じことと云えば同じことなんだが、気持ちの問題だが、何となく釈然としない。
そのオバちゃん達のうち何人かは、托鉢が終わった後、お寺に入っていく人もいた。
それも釈然としない。ここの托鉢は、何か変だぞ。

02IMG_1259.jpg

04IMG_1279.jpg
托鉢ポイントの交差点には、朝の6時だと云うのに、団体ツアー客(ここでも団体ツアーと云えば中国人)や欧米人観光客で結構な賑わいになっている。
朝のルアン・パバーンは、とても涼しく、凛とした雰囲気が漂っている。
その清らかな雰囲気をぶち壊す団体ツアー客の騒々しさと托鉢ご飯狙いに群がる野良犬たちを足下して蹴散らす托鉢セット売りのオバちゃん達。
なんて素敵な托鉢風景でしょう。

6時過ぎ、道の遠くの方からお坊さんがこちらにむかって歩いてきてるのが見えた。

05IMG_1278.jpg
坊さんが1人、坊さんが2人、坊さんが3人、4人、5人、6人・・・・128人、129人・・・えーーい、一体、どんだけいるんだよ、ここの坊主は。

06IMG_1288.jpg
地平線の先までオレンジ色の坊さんが正に数珠つなぎ状態。
ちょっと驚きを通り越して、呆れてしまった。
何なんじゃ、この坊さんの数は。
ルアン・パバーンだけで80以上のお寺あると聞いていたが、まさか、その全部の坊さんがここにやってきているわけじゃないのに、この異常な数。
タイで良く見かける薄汚れた袈裟を着ている坊さんは一人もいない。皆、小奇麗な袈裟を着ている。
ここの坊主は、結構、いい暮らししてんじゃないのか?

ここまで観光のために組織化された托鉢を見ていると、それはそれで清々しい感じもするが、しかし、これでは修行の一環としての托鉢と云えるのだろうか?
観光のためのイベントとしての托鉢。
これがルアン・パバーンにおける仏教なのだろうか?
非常に釈然としない。

その釈然としない思いを説明してもらうために、ルアン・パバーン在住5年のわんこ先生に登場して頂き、ルアン・パバーンの坊さんたちの実態を解説してもらいましょう。
それでは、先生、お願いします。

07IMG_1300.jpg
お願いしますって、朝からいきなり面倒くさいことをさせるでないワン。
まぁ、ええ、ワシが変わりに答えてあげようワン。
ここの風景は確かに観光イベントとしての托鉢行事だが、ここを離れればは、ちゃんと普通の人たちの普通の托鉢をやってるワン。
人口8万人のルアン・パバーンにお寺が80以上もあるってこと自体、多すぎなんだワン。
こうでもしないと、どのお寺も食っていけいないわけだワン。
だけど、ここの坊主はちょっと生臭坊主が多くて困ったもんだワン。
若い坊主の中には、外国人の女性をナンパしている奴もおるそうだワン。
そんで、どうしても抑えきれないなった場合は、3日間だけ還俗して、デートして、また、坊主に復帰するなんて裏ワザを駆使する奴もあるのじゃワン。

08IMG_1290.jpg
こんな坊主に飯を上げないで、何かワシにも食わせろワン。

わんこ先生、ありがとうございます。
托鉢セットおばちゃんに蹴飛ばされないうちに、ご退散ください。

海外に出かけると厭でも宗教を意識させられる。
宗教からかけ離れた生活をおくる僕にとっては、衝撃的だったりする。
ゴーゴーバーのお姉ちゃんが、舞台に立つ前に、祭壇の前で、”今日もチップを弾むいいお客が付きますように”と祈る姿。
インドのヴァラナシで、死を待つ人の最後の沐浴風景。
朝の凛としたら町中に響き渡るイスラムのコーラン。
今そこにある宗教を見せつけられると、何も悪いことしていないのに(いや、してるな)、ごめんなさいと謝りたくなる気持ちにさせられる。
ただねぇ、ここの托鉢ショーは如何なもんでしょうか。
僕は、もうちょっと素朴な、これぞ上座部仏教の正統な托鉢(そんなものがあるのかは知らん)を期待していたんだけど、余りの盛大さに、思いっきり興ざめしてしまった。

宗教と観光が相性がいいのは分かるが、これじゃ、宗教施設、宗教関係者(坊主、宗教関係の業者)を維持するために宗教があるみたいに思える。
宗教本来の役割である人々の心の救済を、宗教に求める時代じゃないのかね?

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

都合のいい癒しの町・ルアン・パバーン(2009年ラオス旅行記)
朝8時にビエンチャンを出発したバスが、ルアン・パバーンに到着したのは、夜9時過ぎ、13時間以上も掛って到着した。
1回のバス移動では、もちろん最長時間で、今まで旅の移動では事故はもちろん、トラブルさえ経験したことが無かったが、ラオスで今まで無事だった分を一遍で帳消しにされたようだ。
ただ、お陰でいい経験をさせてもらった。ラオスの神様に感謝。

バスは、ルアン・パバーン市街地から少し離れたバス・ターミナルに到着する。ここらは、トゥクトゥクでゲストハウス密集エリアへ向かうことになる。
この時は、同じバスに乗車していた日本人3人とイラン人カップルの計6人でシェアすることになり、ドライバーと喧々諤々の末、一人当たり20,000Kに落ち着いた。
始め、6人でシェアするのに一人40,000K、50,000Kと云われた時は耳を疑ったが、ラオスのトゥクトゥクの料金仕様が、タイのような1台幾らでなく、あくまで一人幾らなのだ。
シェアする人数が多ければお得なのは間違いないが、それでも思っている以上に安くならない。
その点では、交渉の手強さは、カンボジア、ベトナムより一段上のような気がする。
最もトゥクトゥクの台数も、他国のような飽和状態というまでいっていないので、ドライバーも強気に出られるのだろう。
ロウ・シーズンでこれなのだから、ハイ・シーズンともなると、交渉下手には、到底、太刀打ちできないだろう。
ルアン・パバーンのように道も少なく、観光客が行く場所といったら限られた範囲なので、ソンテオ・タイプの乗り合いバスが登場することを期待したい。

夜9時到着ともなると、さすがに空き部屋のあるゲストハウスは少ない。(これもルアン・パバーンのひとつの特徴)
トゥクトゥクをシェアした3人の日本人のうち、Kさんという女性は、ルアン・パバーン4度目、5度目か忘れたけど、ベテラン・リピーターで、その辺の事情は既にお見通しで、ゲストハウスに予約を入れていた。僕を含む3人は、Kさんのゲストハウスのスタッフの紹介で近くのゲストハウスにそれぞれ部屋を確保することができた。

11IMG_1318.jpg

12IMG_1321.jpg
CHANTHANOME GEUST HOUSE 80,000K/1泊(TV、ホットシャワー、ファン・ルーム)

ファン・ルームでこの値段はちょっと高い気もするが、非常に綺麗で、静かで居心地がいい。
但し、室内は、非常に暑い。風通しのいいバルコニーで過ごす時間が自然と長くなる。

K君は、僕と同じようなタイプ、設備の別のゲストハウスで65,000Kでこれは妥当な値段かなと思ったが、Sさんという19歳の一人旅デビューの女の子の場合、ドミトリーで60,000Kというあり得ない値段のゲストハウスしか空いていなかった。しかも、そのドミトリーは、キングサイズのダブルベッドが置いてるあるだけで、偶々、その日は、Sさん一人だったからいいもの、もし、他に男性でも入ってきたもんなら・・・うーん、想像しただけでも羨ましい。
(※僕も、Sさんが部屋を決める時に現場に立ち会っていたが、どう見てもただのシングル部屋にしか見えない。騙されたか、勘違いか?)

ルアン・パバーンは、欧米人に人気の観光地なだけに、ゲストハウスに関しては、貧乏旅行者にとってはかなり厳しい状態だ。
ただ、それはあくまで、ルアン・パバーンの一番便利なエリアのゲストハウス密集地帯に関してのことで、そこから少し離れれば状況はまた違う。
トゥクトゥクで市内を一回りしたが、結構、たくさんのゲストハウスの看板を見かけた。
熱心に見て回れば、それなりに安くていいゲストハウスはあるかもしれない。
ただし、中心地から離れれば離れるだけ、不便さは比例して増すし、何かとトゥクトゥク代も掛るので、総合的にどちらお得とは一概には言えないな。

一番ベストは方法は、ルアン・パバーンに行くと決めたのなら、早いうちに宿を抑えること。
因み、どのゲストハウスもハイ・シーズン(10月~12月)は軒並み値上げ、かつ、欧米人が大挙押し寄せてくるので、いいゲストハウスの確保がさらに難しくなる。

01IMG_1334.jpg
(ハイ・シーズンには、この静かな通りは、欧米人で溢れかえっているのか?)

ルアン・パバーン初日は、夜だったので、町の様子ははっきりとは掴めなかったが、それでもふらっと周辺を歩いただけでも、いい感じの、居心地の良さの雰囲気がひしひしと伝わってくる。翌日、さらにぶらぶら散策して確信した。

ルアン・パバーンは、とてもいい町です。

とても雰囲気がいい。
このいい感じはどこかで味わったことがあるいい感じで、瞬間的に頭に浮かんだのはバリ島のウブド。
街並み、静謐さ、居心地の良さは、ウブドを思いだす。
そう、ここは、バリ島のウブドに非常に雰囲気が似ている。
ウブド大好きな僕としては、当然、ここも一瞬で好きになったことは言うまでもないが、ウブド、ルアン・パバーンと見て、両方に共通していることは、欧米人にとって都合のいい癒しの町に思えること。(褒めておいて、いきなり貶すのかよ)
街並み、レストラン、インテリアにお土産、雑貨類にしても、皆、どれをとっても欧米人が喜びそうなものばかりで、アジアに居ながらして、ヨーロッパと変わらない衣・食・住環境が得られて、かつ、安いとなれば、人気が出ないわけがない。
メインストリートは、ほぼ全てヨーロピアン・フードを扱うレストランが占めて、人気レストランには、ぎっしり欧米人が詰まっていて、そこだけ切り取って見ると、とても、ここがラオスとは思えない。(カンボジアのシェムリ・アップのパブ・ストリートも似た雰囲気だが、あそこは、アジア風ヨーロッパというよりは、ヨーロッパそのものを再現したような場所だ)
ローカルフードを食べたいと思ったら、市場近くまで行くしかない。
僕が宿泊したゲストハウスは、市場から大分、徒歩で10分くらいの場所だったから、安いローカル食を求めて、汗だくで通いましたわ。

それにしても欧米人というのは、頑なまでに自分たちのライフ・スタイルを変えようはしない。アジアには態々遠くから来た割には、服装だけは、アジア風を身にまとっても、食事に関しては、一切、妥協しない。
世界中に欧米文化が浸透するのも、彼らが、自分たちが求めるものを一切妥協せずに求め続けるからだろう。
(何を根拠にしているのか、相当、自国の文化に自信があるのだろう)
日本人のように、アジアに来たからには、見も心も食事も住居(ホテル)もアジアに染まるのに対し、彼らは、染まってもいい部分とそうでない部分をはっきり区別している。
彼らの要求に答えられない国、観光地は、必然的に、欧米人に敬遠され、流行ることはない。
ルアン・パバーンが、こうして居心地よく、観光地として発展し続けるのも、際限なく、欧米人の好み、要求に応え続けてきた結果だと思う。
だから、ルアン・パバーンに来て、これがアジアだ、ラオスだなんて思ってはいけない。(欧米人はそう思っているだろうが)
あくまで、欧米人による欧米人のための、アジアに求める癒しのイメージを凝縮して洗練させ、具現化したような町がルアン・パバーンだ。

と、ここまで、ルアン・パバーンに対し、批判めいたことを書いといて、こんなこと今更書くのもなんだけど、はっきり云って、

大好きです!ルアン・パバーン

この町は、かなりヤバい。正直、住みたい、沈没したいと本気で思った。
日本人に人気のゲストハウスでは、そういう沈没旅行者がいるそうだが、気持ちは分かる。

余りにも居心地がいいので、逆に3日目に離れることにした。
それ以上、この町にいたら、たぶん、二度と離れる気が起きない、そんな気がしたからだ。
だから、迂闊に近づいてはいけない。
僕みたいに、何の情報も持たずに、安易にルアン・パバーンに行くものなら、あっという間に虜になって、沈没すること間違いなしの町です。
若しくは、一度、行ったら、重度のリピーターになること確定的な町。
ルアン・パバーンは、恐ろしいほど深い魅力に溢れた町です。

05IMG_1426.jpg
ルアン・パバーンは、この青空のように、汚れた心もまっさらになるような気分にさせてくれる町です。

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。