アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
紫陽花の詩
成就院の紫陽花1
成就院の紫陽花
明月院の紫陽花は五部咲きと言ったところなら、成就院は七部咲きぐらいでしょうか。来週ぐらいから見ごろだよ

成就院の紫陽花2

成就院の紫陽花3
明月院よ成就院の紫陽花の方が色づき、咲き始めが早いの品種が西洋紫陽花だからだよ。明月院のは純国産の姫紫陽花。

成就院の紫陽花4
この時期の成就院は、この紫陽花と由比ガ浜が一望に見られること。鎌倉屈指の絶景ポイントなのだ。

紫陽花と和歌に関してインターネットで調べてみたら、紫陽花は、和歌の題材に取り上げられることが少なく、不人気の花の代表らしい。その理由とは、花の色が日を追って変化する様が、移ろいやすい女心のようで主に男性の歌人からは好かれない花だそうだ。

史上最大のインド作戦まで後24時間・・・

インドでの移動の大半は鉄道になるので、ここ数日は、インド国鉄の時刻表と睨めっこの毎日である。なんだか、自分が”鉄オタ”になった気分だが、本物の鉄オタにそのことを話したら、専ら日本のローカル線専門の鉄オタだったので、インドの鉄道事情にはさっぱり興味を示さなかった。

ふーむ、そういうもんなのかね。。。

ここまで来たらジタバタしてもしょうがない。後は野となれ、花となれ

終いも花で締めます。

FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂きましたら、どうか一押しをお願いします

スポンサーサイト
たか
通りすがりに失礼します
きれいなお花ありがとぉございます!
癒されますねぇ


インド行かれるですか?
いいですねぇ

作戦成功お祈りしてまぁす
2008/06/07(土) 17:21:26 | URL | [ 編集]
ねも
→たかさん

ありがとうございます。
向こうでインターネット環境が整っていれば、このブログでインド生レポートします
2008/06/07(土) 21:23:58 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。