アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
遥かなるリシケシ
遥かなるなんてもんじゃないよ。途中、これはウルルン滞在記かと思ったよ。

リシケシは飛んでもないよ。インドに来て最大の挫折だね。

そもそも想像と現実が著しく乖離しているインドの中で、リシケシがNo1だよ。

最も僕の勝手なイメージだけど、高原にあるから、バリ島のウブドみたいな涼しげな場所を想像していたら、まぁ、暑さがハンパでない。アグラーより更に暑い。しかもバックパック背負って1時間ばかり歩いたからね。
恐らく今日一日で10リットルぐらいは汗をかいたんじゃないかなぁ?

その上ホテルが素晴らしくエアコンなし、ファンのみ、更に素晴らしいことに現在停電中。
もはや笑うしかない。

ただ別に悪いところじゃないんだよね。相変わらず牛は居るけど、ハエの数はずっと減った。

物売りとか煩くないし、その辺はいいんだけど。

ウブドに行ったことがある人ならわかると思うけど、ウブドに何となく漂うような神聖さ、精神性、静寂、宗教性。。。などなど、そういった感じが全然しないのよ。

何となく一瞬思ったのが熱海の温泉街のような感じ。それが第一印象。

ちなみに昨日、今日はお祭りだったそうで、大勢の人で賑わっています。

なんて書くとこれだけのことだけど、その数たるやとんでもないよ。

リシケシの有名なつり橋に、橋が落ちるんじゃないかと思う人、人、人でぎっしり。見ているだけで気持ち悪くなる風景。

その上、牛まで渡っているだから、僕の理解の限界を超えました。オーバーフローです。

もうインドで何かを感じるなんて段々面倒くさくなってきたよ。

僕が何を感じるかなんて、インドの人たちにとってはどーでもいいこと。

ヨガもどうでもいいかな・・・と思い始めているけど、やっぱり受ける。

ただ、その前にエアコン付きのホテルに移動する。

その存在の耐えられない暑さ

多少、心が折れたかな?

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。