アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ヴァラナシ!
デリーから13時間かけて着いたよヴァラナシ!

今まで行ったインドの中で1番汚いぞ!牛もいっぱいいるぞ!あちこちウンコだらけだぞ。リキシャーマンは1番ウザイぞ!

でも1番気に入ったよ。

ホントに居心地がいいんだよ。ホテルはガンガーを真正面から見れるベストロケーション。午前中はずっとガンガーを見て過ごしていた。

何が良いって日本人がたくさんいる。みんな若いし。

それでびっくりしたことが、インドの初日にデリーで出会った青年とここでばったり会っちゃった。
昨日、ヴァラナシに到着して明後日にはネパールだって。逞しい。

ここにいる日本人はみんな逞しいよ。

それ以外にもいろいろと情報交換をして、これから向かう最終ゴール、コルコタは治安が相当悪いらしい。僕が話しをした青年が、リキシャーマンから強盗されたそうだ。
恐ろしくて迂闊に利用できないよ。

ここヴァラナシも怪しい輩がウヨウヨいるが、最近、それらの撃退方法を編み出したのだ。

まず第一に彼らは、必ず、「ハロージャパニー、コンニチハ!」と言って近づいてくる。

その時僕は、「ノージャパニー、アイアム、インドネシア」とかメキシコとかアルゼンチンとか適当な国名を言って、その後に適当語でずっと話しかけるの。
すると話が通じないから去っていくのだ。

ジンバブエを出した時は、さすがに自分でもやっているうちに可笑しくなってしまって笑ってしまった。

でもそれも最近、偽外国人のふりも面倒になってきたので、今日、No Rkisya No Boat・・・などなど、いろいろなNoが書かれているプリントTシャツを買っちゃった(80ルピー)

とまぁ、こんな感じでヴァラナシ初日から結構エンジョイしてます。

それから母なるガンジス河ですけど、思っていた通りに汚かった。

水は緑色だね。

リシケシで見た上流のガンジスとは違い、穏やかで緩やかに流れている。

よく死体が流れてくる話を聞くが今のところ見ていない。

思っていた以上にヴァラナシが活気溢れる町なんで、死のイメージが湧いてこない。

ただリシケシ以上に神聖が感じはする。ちょっと自分でも意外が印象。

明日は、ガンジス河の日の出を見てきます。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。