アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ヴァラナシで出会った人たち
今日は朝から雨です。こっちに来てから1日中晴れの日はありません。地元の人曰く、例年より2週間ぐらい雨季が早いそうです。

gaelle1 027
ヴァラナシで見た最高のバカ面。このバカ面を全世界に公開してしんぜよう。

DSCN0381_convert_20080622150926.jpg
ソナさん
インドで出会った人の中で100%信頼できる人。奥さんは日本人で1ヶ月前に入籍した新婚ホヤホヤさんです。
「地球の歩き方」にも紹介されている主に日本の書籍の貸本屋を生業としているソナの店のオーナーです。
ソナさんは日本語が堪能なので、もし、ヴァラナシで困ったことがあれば是非、ソナの店に行かれるといいですよ。何でも相談に乗ってくれます。
僕の場合、お酒が飲みたくて、何とかならんかねと相談したところ、極秘情報を教えてくれました。お蔭様で昨夜は久しぶりにビールを楽しめました。

それ以外にもインドについていろいろな話が聞けたことが一番の収穫かな。

僕は、「インドはこれからどうなって行くの?変わっていくの?」と聞いたら

ソナは、「変わらない。ロウ・カーストが変わらない限り変わらない」とはっきり答えた。

憲法上では、否定されているカースト制が現実は存在していることが彼の言葉から分かった。ソナ曰く、ロウ・カーストは、仕事もなく、家もなく、だけど子どもは沢山作る。やることがないからセックスばかりしている。インドの一番の問題は人が多すぎること。人口に対して仕事が少なすぎる。それなのに子作りを止めないのは、ロウ・カーストに対して教育が行き届いていないからだと。
それもこれも政府、役人が自分たちの事しか考えていない。多くのインド人が自分さえ良ければいいと思っている。だからこの国は変わらないと。

・・・うーん、まだ、彼の言葉が全てを現しているのか、僕には判断できない。
けど、人が多すぎることは間違いない。

DSCN0366_convert_20080622151645.jpg
また、この国に来るかどうか分からないけど、この子たちの一人でも多くが、路上ではなく、屋根のある家に住める国になって欲しいと心から思うよ。
あと町をきれいしようね。掃除しようね。牛はやっぱり然るべき場所で飼おうよ(ソナから聞いたら、本当は町で牛を飼っちゃだめなんだって)
ウンコは嫌だー!
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。