アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ガンジス川が大変なことに・・・
と言っても現地の人にはどってことない話なのだが、どういう事かというと一夜明けたら川幅が2倍になっていたのだ。

写真を見せられないのが残念、かつ、写真を見たところで、われわれ外国人旅行者がどれほどびっくりしたか伝えきれるか分からない。
昨日まで緑色で汚らしいけど、ゆったり緩やかに流れていたガンガーが今朝は、大量の土砂を含んだ茶色の濁流に変化している。

子どもたちはキャッカキャッカ、大騒ぎで水遊び、大人たちはボートが流されないように繋ぎ止めに必死。そして、この機会を幸いにせっせとゴミをガンジス川に流している(・・・もう、ほんとにインド人はダメ)

水面は、土砂の塊みたいな浮遊物が隊列を組んで進む船団のように次から次へと流れている。
たった一晩でこれほどダイナミックに姿を変える川は見たことありません。

さすが母なる川ガンガーです。

インドで見る最後のガンジス川の姿がこれだから、何とも運がいい。

一日早くヴァラナシを発ってしまっては見ることが出来なかったと思うと、インドの神様はどうも僕のことを結構気に入ってくれているようだ。

これからまた13時間掛けて最終目的地のコルカタです。

やれやれ長ーーーーい夜の始まりです。

とここまで書いたところで外は物凄い雨です。

あっという間に道は川に変わりました。

さて鉄道はこの雨の影響もなく定刻通りに出発するのだろうか・・・

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。