アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
トリニティ・シーロム@レジデンス・ホテル
ふいにバスは目的地に到着した。

何しろ途中、どこをどう走っていたのかさっぱりわからんかった。

ただ何となく自分がどこに下ろされたのかは直感的に分かった。

シーロム通りのど真ん中

ここから最初のホテル、シーロム・レジデンス@トリニティは徒歩5分といったところか。

とは言っても始めての場所で、、しかも夜。。実際、ホテルを見つけるまで15分ぐらい掛かっただろうか。

それだけでも全身汗だくである。

暑い!

想像以上に暑い。

うーーーん、約10Kのバックパックも余計に堪える。

IMG_2650_01.jpg


バンコクで暫くお世話になるホテルは、シーロムレジデンス@トリニティ

最近、名称変更があったらしく、ホテルの看板などは旧名(トリニティーシーロム)のままである

この辺りがマイ・ペイ・ライなタイある。

さて次の難関はチェックインである。

しかしこれも取り越し苦労に終った

フロントのお姉ちゃんに、"Please,Check In"と伝えると、名前を聞き返されて、自分の名前を伝えると

あっという間に手続きがすんでしまった。

あっけないもんだ

というか、このホテルは日本なら中級以上のホテルである。

それなりにシステムはしっかりしている。

1泊、1,600Bだけは取るだけはあるのだ

自分は必要以上にナーバスになっているだけである。

旅とはこの心配の壁を乗り越えていくものなのだろう

FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂けましたら、どうか一押しをお願いします


スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。