アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
コンノートプレイス(2008年インド旅行記)
コンノート・プレイスはデリーの中心と呼べる場所で、メインバザールからはオートリキシャーで数分(30ルピー)の距離だが、地下鉄を利用するれば1区間=6ルピーで行ける。
リキシャーは交渉が面倒だが、地下鉄は、乗ること事体が面倒くさい。コンノートプレイスに用事がある時は、その時の気分によって使い分けた。

DSCN0142.jpg

ホントは写真撮影はNGらしい・・・内緒ね

DSCN0145.jpg

デリーの地下鉄は、日本の地下鉄と比べても遜色ないもので、駅構内も車内もエアコンが効いている。
車両は、ピカピカで、インド国鉄の車両や路線バスと比較すると、地下鉄だけが先進国並みだ。
しかしそこはインド、何かと我々では理解できない現象に出会える。
まず第一に地下鉄を利用するために、ボディーチェック、手荷物チェックが行われる
これは少々面倒くさい。
本の数分の作業なのだが、地下鉄駅によっては(ニューデリー、デリー駅)、ボディーチェック待ち行列が数十メールになっている駅もある。如何にも非効率的だが、テロを警戒してのことだから仕方が無い。というか日本は平和なんだなぁ・・・としみじみ思う。

それともう一つは、乗車マナーが悪い。
日本では当たり前だが、まず車両から降りる人を優先して、乗車はその後というのは万国共通のルールだと思ったら、ここインドにはそんなルールはない。
誰もが我先に乗り込もうとする。降りる人は乗り込む人を掻き分けるようにして降りなければならない。
そのため車両が駅に到着すると、すったもんだの大混雑。
信号機の無い交差点に突入するオートリキシャー同様に、ここでも自分が一番とばかりに乗り込もうとする。
地下鉄は乗るのも降りるのも一仕事なのだ。つくづく面倒くさい国である。インドは。

DSCN0107.jpg

DSCN0110.jpg

DSCN0114.jpg

コンノート・プレイスは、巨大なロータリーで、そのロータリーに沿って円心状のショッピングモールがある。
メインバザールよりはマシと呼べる程度のショップ、レストランがあるぐらいで、特に名所というわけじゃない。
僕の場合は、ここに買い物に来るというよりは、食事で利用するぐらいかな。
値段は高いけど、割と美味しいレストランがあるので、デリーにいる時は1日1回は必ず通った。

DSCN0511.jpg

コンノート・プレイスの中心は、公園になっていて、この公園の地下が地下鉄駅になっている。
平日、昼間だと学生らしき若者が数人のグループを作ってワイワイ楽しくおしゃべりなんかしている。
インドでよく見かける光景に、男同士で手を繋いでいる人がいる。
イスラム教国家では珍しくないが、インドも宗教に関係なく結構、多い。
一瞬、変な勘ぐりを入れたくなるが、特に深い意味はないらしい。
一度、手を繋いで歩く男同士のカップルを、ジロっと見てたら、向こうも気になったのか、”マイ・フレンドね”と気さくに声を掛けてきた。
要はそういうことなのだ。しかし、タダでさえ暑苦しいインド人の男が手を繋いで歩く姿は余計に暑苦しい。

DSCN0140.jpg
ケンタッキーフライドチキン

チキン&ライスセット:134ルピー
海外でマックやケンタッキーなどのファストフードチェーン店を見つけたら必ず入るようにしている。
別にファストフードが好きというわけではない。
寧ろ日本では滅多に食べることはないが、何故か海外に行くと興味本位で食べたくなる。
味が違うのか?
日本にはないローカルメニューがあるのか?
など海外には海外での楽しみ方があるのだ。
さすがインドのマックもケンタもヴェジタリアンメニューがある。マックのヴェジタリアン・バーガーは大して美味しいものではなかったが、このケンタッキー・フライドチキンは、
インドで食べたものでは一番美味しかった!
あー書いちゃった・・・これ言っちゃぁお終いだよ。でも、ほんとなんだから仕方が無い。
インドではいろいろ食べたけど、この時のケンタッキーのチキンとライスが一番美味しかった。
日本で食べるチキンより美味しいと思った。
どうも僕にはインドのカレーが合わないらしい。
いや、もっとはっきり書くと、インドのカレーは美味しくない!口に合わない。胃に合わないのだ。

インドの旅の3分の1も経過していないのに、この結論は致命的だ。僕にとって旅の楽しみの半分は食事である。これが満たされないとなると、一体この先、この旅をどのように楽しめばいいのか・・・

~ブログランキングに参加しております~
お気に召しましたら、どうか下のボタンをクリックしてくださいませ♪
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。