アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
インド旅行記・さよならガンガー
2008年6月23日 AM6:30

一夜明けたらガンガーの様子がすっかり変わっていた。

IMG_5337.jpg
↑↑↑↑それまでのガンガー↑↑↑↑

DSCN0399.jpg
↑↑↑↑今日のガンガー↑↑↑↑
違いが分かるだろうか?それまでのガンガーの写真では、ガートからガンガーに向って出っ張りのようなものがあり、そこに、人が座っている。また、ガート沿いに四角い枠の中に傘状の構造物が見えるだろうか。
今日のガンガーでは、ガートの出っ張り部分は完全に水没している。
また、それまで通路だった場所に、黄色い舟が浮かんでいるのが分かるだろうか?

DSCN0314.jpg
↑↑↑↑それまでのガンガー↑↑↑↑

IMG_5352.jpg
DSCN0413.jpg
↑↑↑↑今日のガンガー↑↑↑↑
上の2枚の写真の方が分かり易いかな。
ガートに陸揚げされている舟の状態を見れば一目瞭然だろう。
時間の経過と共に舟が完全に水没しているのが分かるでしょう。ガンガーの水量が一気に倍増したのだ。
昨夜は、大雨だったわけではない。地元の人に聞くと、恐らく上流で大量に雨が降ったらしいとのことだが、普通でも大河のガンガーの水量を一夜で倍増させてしまう雨とはどんな雨なんだ?
さすがインド、恐るべしガンガーである。

この日の午後に、ヴァラナシを出発してコルカタに向うという日に、ガンガーは、僕にこんな素敵なプレゼントをしてくれた。
この風景を見ることなし、ヴァラナシを発ってしまったら、現在の信仰にも近いガンガーへの思いは生まれなかっただろう。
昨日までの穏やかなガンガーは、すっかり消え失せている。
沐浴するのも命がけのような急流だ。
上流からは、途切れることなく土塊が、隊列を組んだ商隊のように流れている。
この流れを見たら、雨季は、ボートの漕ぎ手が二人になって料金が上がるという話も納得できるし、ガイドブックで日本人旅行者が雨季のガンガーを泳いで渡ろうとして行方不明になった話も頷ける。
誰にでも優しく受け入れてくれるガンガーの姿はここにはない。荒々しい凶暴な本性を顕したのだ。
カーリー女神に代表されるインドの神様には、母性と狂気の両方の性格を持つ神様が多いが、このガンガーを見たら、正に、それは自然そのものだという思いが強くなった。

ガンガーを見ずして、インドに来たと言うなかれ!

ヴァラナシに来て雨が多く、雨季だ、雨季だと思っていたが、実は、ガンガーがこの姿に変わって始めて雨季なんだそうだ。
そう思ったら僕は実にラッキーなタイミングにヴァラナシに来たと言うことになる。
以前のガンガーの状態なら、ガンガー沿いのガートを伝っていけば、マニカルニカー・ガートに行けるし、ベンガリートラにも、ホテルからホテルへと、どこにでも行けたが、こうなってしまってはガートを伝っての移動は無理である。
そう思えば、なんだかんだ言って、インドの神様は僕の事が好きなんだなぁ、と思えてちょっと嬉しくなった。

IMG_5351.jpg
偉大なるガンガーよ。
お前に出会えたことが、インドの旅の最大の収穫だよ。
これが最後なのか、また、もう一度逢えるのか分からないけど。
インドがこれからどう変わっていこうが、この流れだけは永遠に変わらないんだろうなぁ。
変わらないで欲しいわ。
さよなら、ガンガー。

FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂きましたら、どうか一押しをお願いします
スポンサーサイト

テーマ:バックパッカー - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。