アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
コルカタの食事情(2008年インド旅行記)
コルカタにはインド国内で唯一華僑が住んでいる。もうこの情報だけで期待が高まる。
何と言っても食に関しては中国人には適わない。
今まで、本場カレーと日本食もどきに苦しめられていた僕の胃を満たしてくれる最後の砦は、中華しかない!
しかも華僑が作る中華となれば、期待しないわけにはいかないのだ。

DSCN0433.jpg
Ghalib Stをパークストリートの向う途中にある高級チャイニーズレストランでだいぶ遅い昼食を摂った。

チャーハン
ガーリックチキン
チキンスープ

-合計- 339ルピー


中に一歩入ると、まるで冷蔵庫の中にいるのかと思えるほど、キンキンにエアコンに効いている。
チェックイン早々、飛行機の手配や鉄道のチケットの払い戻しなどで、コルカタ市内を動き回った後のこのエアコンの大歓迎にやっと普通の旅行者の気分を味わえた。
肝心のお味の方だが・・・・うーん、期待しすぎたのか、残念な味としか言いようが無いお味と申すというか。。
偉大なる華僑と言えどでも、2代目、3代目となるとインドの悪食に犯されてしまったのだろうか。
全く”チャイニーズのような”チャイニーズだった。
結局、全部食べきれなかったので、勿体無いから残りをお土産にしてもらって、ホテルに持って帰った。
ホテルで後から食べようかと思ったけど、冷蔵庫も電子レンジもないから、ホテルの従業員に挙げたたら、凄く喜んでいた。
なんか良いことした気分。

DSCN0459.jpg
これは、「地球の歩き方」に紹介されていた”香港飯店”のヤキソバとワンタンスープ
これも・・・残念な味なんだなぁ。
なんでこうダメなんだろう。僕の舌が贅沢過ぎるのは分かっているが、旅の楽しみは食と決めている僕としては簡単には妥協できないのだ。
一言で言えば、コクがないのかな?
醤油、ナンプラー、ニョクマク・・・なんでもいいんだが発酵調味料のコクがないのかな?
特にスープ系は薄味と言うより、単に”薄い味”なんだなぁ・・・
まぁ、まだ胃が本調子ではなかったので、これはこれで良かったが、この時点で華僑食最強伝説が終わった。
最早、コルカタで期待するものが完全になくなった。

DSCN0465.jpg
コルカタは、屋台が元気だ。
デリーももちろん、屋台はあるが、清潔感が違う。コルカタの屋台なら口に入れても大丈夫かな、と思ってしまう。街全体が清潔感があるからだろう。
昼時のオフィス街(パーク・ストリート)は、屋台で昼食を摂る人たちで賑わっていた。
これが典型的なコルカタ市民のライフ・スタイルなんだろう。

DSCN0501.jpg
DSCN0504.jpg
昼間の屋台風景に触発されたのか、夜は、久々に屋台食で済ませた。
僕が食べたのは、チャパティーに何か具が入ってロール状にした食べ物。
凄く辛かったけど、美味しい。今更ながらインド食に美味しさに目覚めてしまった。
コルカタに着いてから下痢も収まったし、胃の調子もいい。
すると無性にインド食が食べたくなる。食べたら食べたで結構美味しい。
今まで一切受け付けなかったのは何だったんだろう??
単に体調が悪かったのか、それとも、コルカタの衛生状態が良いからか?
コルカタは、野良牛がいないので、ウンコの心配が要らない。
夜出歩いても、間違ってウンコを踏むリスクがないので安心で歩ける。

DSCN0475.jpg
コルカタは、ニューデリーよりファストフード店が豊富だ。これ以外にもインドでは有名なコーヒーチェーン店やアイスクリーム・チェーンなどある。
インドの旅をコルカタから始めた人は、他のインドの都市も同じようなもんだと思ったら痛い目に合うだろうな。僕は最後がここでよかった。

DSCN0482.jpg
DSCN0483.jpg
先の中華料理で撃沈したにも関わらず、性懲りも無く再び、パークストリートの別のチャイニーズ・レストランにて、チキン・ヴェジタブル・スープとシンガポール・ヌードルを注文。
スープは激ウマ!、今回のインドの旅のNo1スープに認定!
五臓六腑に染み渡るスープとはこれのことだ。
反対にシンガポール・ヌードルは、食えるもんじゃない。食える以前に、どうしてこうも玉子を使った料理には殻の欠片が入っているのだろうか。ジョリって噛んだ瞬間に砂を噛む気分になってしまって台無しだ。

FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂きましたら、どうか一押しをお願いします
スポンサーサイト

テーマ:バックパッカー - ジャンル:旅行

あゆち
さっそくコメントいただいてありがとうございました!!!地球の歩き方にのってるお店はお値段しますけどはずれがないですよね~メニューがわかりやすかったり日本人にあいませんか?
2008/08/07(木) 07:35:04 | URL | [ 編集]
ねも
タイ、バリなどでは、「地球の歩き方」に掲載されているレストランは大抵美味しかったです。
もっとも、掲載されていないレストランでも充分美味しかったですけど。
インドに関しては・・・そうとう高級レストランじゃないと、なかなか美味しいと言えるものには出会えませんでした・・・
そもそも、辛いのが苦手なんですよね。
期待していなかったけど、想像以上に辛かったので、今は、トラウマのようで、一切、カレーを食べていません。
2008/08/07(木) 09:47:48 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。