アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
今、トルコにいま~す♪
嘘で~す。

DSCN0803_01.jpg
東京ジャーミイです。

東京ジャーミイって何?って方は、こちら(↓)ご覧ください。
http://www.tokyocamii.org/

最近、イスラム文化、イスラム教に興味津々モードで、いろいろネットで調べものをしていたら、
東京にもモスクがあることを知ってびっくり、早速、突撃取材に行きました。

場所は、小田急線の代々木上原駅から徒歩5分程度の井の頭通り沿いに、
周りの風景に溶け込むようにドームとミナレットを擁した伝統的スタイルのモスクがありました。
今までイスラム教とかイスラム文化に余りにも興味が無さ過ぎた所為か、正直、日本にモスクがあることにびっくりした。
さらに現物を見て、その本格的、かつ、規模の大きさに二度びっくり。
この世界は・・・長生きしても知らないことが多すぎる。

DSCN0794_01.jpg
ドームの内側。

イスラム教徒にとって重要な礼拝日は金曜日だそうで、普段は礼拝時間でなければ参拝者も少なく、中は沈と静まり返っていた。

入り口に付近で、礼拝の時間を待っているのだろうか?
日本人女性とアラブ系男性のカップル(たぶん夫婦)がいた。
女性は、ムスリム女性の典型の黒いベールを装っている。
イスラム社会では、マジマジと女性を見るのは失礼に当たるそうで、況して人妻となれば犯罪に近い(?)行為なのだそうだが、正直、その女性の美しさに見とれてしまったわ・・・

DSCN0797_01.jpg
礼拝堂内部。

事前にHPの画像で、大体の内装は知っていたけど、実物は、中々豪華で、
手の込んだ装飾が至るところに施され、床はフカフカの絨毯が敷き詰められていた。
特にドームの天井が立派だ。
モスクは寺院ではなく、単なる礼拝場所なんだけど、イスラム教徒じゃななくても、凛とした気分になる。

どう?
日本にもこんなところがあること、知ってました?
(若しかして、知らなかったのは僕だけだったりして・・・)

それもこれも、これからの旅の予行演習。
いつか、何かの役に立つのでしょう。

改めてこの国にもいろんな人が住んでいるだなぁ・・・と思った帰り、
渋谷に寄ってみたら、お祭りをやっていた。

DSCN0808_01.jpg
渋谷、道玄坂で神輿行列が見れるとは、この歳まで知らなかった。
長生きしても知らないことが多すぎる。

担ぎ手に茶髪に鼻ピアスの若者たちが混じっているのも渋谷らしい。
人ごみも嫌いなら、東京も余り好きではないが、
久々に都会の人々を見て、
この国にもいろんな日本人がいるんだと、改めて感心。
(己は、浦島太郎か・・・)

今日は、中秋の名月。
お外で写真を撮ろうかと思ったけど雲が多くて、お月様はご機嫌斜め。

人生は、月を見たり、花を見たりすること。

だよね。


下のボタンをポチっとな


スポンサーサイト
ばっくん
はじめまして☆

日本に、素敵なモスクがあるんですね!!

ちょっとして異文化体験ができて、いい感じです。

中にも入れますし、私もぜひ行ってみたいです。


リンクさせていただきました。もし、ご迷惑でしたら
お伝えください。




2008/09/15(月) 16:37:46 | URL | [ 編集]
ねも
コメントありがとうございます。
僕も、このモスクの存在を知ったときにはビックリしました。
閑静な住宅街の中にひっそりとありました。
中は静かで、ヒーリング効果があるかな?
素敵でしたよ。
2008/09/15(月) 16:46:28 | URL | [ 編集]
かめとと
神戸にモスクがあるって聞いたことはあったんですが、
やはり東京にもあったんですねー。
写真で見てもこの荘厳さ、
実際に訪れたらさぞや素晴らしいことでしょう。
でも、イスラムは戒律に厳しいので近寄りがたい雰囲気があるのです…

茶髪にピアスなら、うちの近所の祭りでも神輿担いでますよ。
見た目や態度に賛否両論はありそうですが、
少なくとも担がない人よりは祭りを楽しんでるんだろうな、
と思います。
2008/09/15(月) 22:47:19 | URL | [ 編集]
ねも
かめととさん
コメント有難うございます。
はい、大変、荘厳立派なもので本家に負けず感動しました。
誰でも気軽に入れるのにもビックリ。
インドで見たモスクでは入り口にマシンガンを持った武装警官がテロを警戒している姿と比べても、如何に日本が平和なのか実感します。
2008/09/15(月) 22:56:12 | URL | [ 編集]
星月 冬灯
キレイ~!!
ドームの中、素敵ですね。鮮やかで仏教とは
また違った豪華さがありますね。金曜日が一番
重要な日なんですね。宗派によって様々で面白い
ものです。

詩へのコメント、有難うございます☆
お返事遅くなってしまいました。家族で伊豆へ
旅行に行ってたもので・・。
草木や花、自然って大切ですよね。日本人は諸
外国に比べて、自然に対する必要性とか、重要性
の大切さに対する心が薄いような気がします・・・。
まあ、自分もそうなんですが・・。だからこそ、
気に掛ける気持ちを失わないように心がけたいな
あと思います。
2008/09/17(水) 11:11:41 | URL | [ 編集]
ゆい
初めまして・・・
しっかし、美しいですね。
モスクの中には入った事は無いですが
確かに神戸にもイスラム寺院はあります。

宗教とはほんとに文化なんだなあと
実感します。
争いに巻き込まれる事が無ければ
人間の英知の塊、大切にしなくてはならないと
切実に感じますね。
素敵な写真をありがとうでした。

それと、リンク貼らせて頂いていいでしょうか?
不都合あるようでしたら、いつでもお知らせ下さい。
また参ります。どうぞ宜しく~♪
2008/09/17(水) 22:55:08 | URL | [ 編集]
ゆっきー
初めてお邪魔します☆
写真見て、てっきり本当にトルコと思ってました!
東京にこんな場所があるとは・・・
すごくキレイですね!
ちょっとしたプチトリップできますね~。
2008/09/17(水) 23:12:48 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。