アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
北京の秋
先日、報道ステーション(テレ朝)を見ていたら、びっくりする映像というか、取材レポートがあった。
内容は、アフガニスタンのタリバン兵士をインタビューするレポートなんだけど、別にそれ自体が驚く内容というわけじゃない。

少し説明すると、タリバンのゲリラ部隊がパキスタン側に越境していて、どうもパキスタンがそれらを支援している云々という内容だった。
記者がアフガニスタンとパキスタンの国境付近で、タリバン兵士たちのインタビューをしている映像の中に驚くべき映像が写っていた。

タリバン兵士が携帯電話で誰かと話していた。

・・・・・・

これって凄いと思わない??

僕は鎌倉に済んでいるけど、鎌倉は周囲を山に囲まれている為なのか、場所によっては携帯の電波が圏外になることは珍しくない。
建長寺の奥の方や、東慶寺の奥の方も圏外になる。

その時の放送でインタビューした場所は、山一つ超えれば最も激しい戦闘地域だそうで、例えパキスタン側と言えども安全とは言えない場所。
携帯電話が繋がるということは、近くに(2Km~5km以内)に携帯電話の基地局があることになる。

舗装もされていない道路、街燈もない。周辺に民家もありそうには見えなかった。
戦闘地域に最も近い場所で、携帯電話が繋がるという事実。

なんだか、この世界は平和なんだか、乱れているんだかよく分からないなぁ・・・

インドに行ったときも、しょっちゅう停電はするわ、上下水道もまともじゃない田舎町でも携帯電話が繋がることに驚いた。
携帯電話より電気や水道インフラの充実の方が先決じゃないの?と思った。
電気、水道=公共
携帯=民間
と見た場合、民間は、金になると分かれば、電気や水道が入っていようが金儲けのためににせっせと基地局を作っていく。
例え銃弾が飛び交う場所であってもだ・・・
タリバン兵もアメリカ兵も現地では同じ携帯電話会社を利用していたとしたら・・・
使っている携帯は、ノキアで、キャリアはボーダフォンだったりしたら・・・バカバカしく思える。
(※現在、パキスタンの最大の携帯電話会社は、チャイナモバイル傘下のパクテル社、アフガニスタンは・・・しらん)

尤もこの取材が、本当にタリバン兵に対するインタビューで、かつ、アフガニスタンとパキスタン国境付近で行われた、としたらである。
本当のところは、自分の目で確かめないことには分からない。
TVのニュースだからと言って100%信じる理由は何一つない。

話は180度変わって、今日、久々にコンサートに行った。
アマチュアの吹奏楽団だけど、演奏曲がサン=サーンスの交響曲第3番を演奏するのに惹かれて行ったのだけど・・・・結果は、大正解

クラッシク音楽が好きになったのは昨年ぐらいからで、単純に『のだめカンタービレ』を見て嵌ってしまった俄かクラシック・ファンだ。

1曲目は、ヨハン・シュトラウスⅡ世の『こうもり』(この曲も大大好き)
吹奏楽ではどうかな?と思っていたら、まず、これから凄かった。
弦は無くとも、しっかりストリングしている。掴みはOKだ。
アマチュア楽団なんで、時々、素っ頓狂な音が聞こえなくも無いけど、全然、気にならない。

2曲目は、ガーシュインの『パリのアメリカ人』。まぁ、これは無難な選曲&演奏。
案の定、睡魔に襲ってきて、アッサリ完敗。
(※クラシック演奏会と睡魔は、永遠のベストカップルやね。)

休憩を挟んで、待望のサン=サーンスの交響曲第3番。
数ある交響曲の中でも非常に珍しいパイプ・オルガンが使用される作品で、2,3年前かな・・・
爆笑問題の出ていた転職支援サービス会社のCMに使われていた曲。
生まれて始めて生でパイプ・オルガンの演奏を聴いたけど、凄いとしか言えない。(ボキャブラリー貧困
重厚で絢爛なオルガンの響きと吹奏楽がしっくりくるとは予想だにしていなかった。
今まで音源でしか聴いたことがなかったけど、やっぱり””は凄い。
映画のデトロイト・メタル・シティーのレコード会社の女社長(松雪泰子ね)風に言えば・・・

”フック!久々に○○たよ”(※伏字は、ご想像通りです)

アンコールは、マスカーニの歌劇『カヴァレリア・レスティカーナ』間奏曲とスッペの『星条旗を永遠なれ』(吹奏楽の定番ね)

DSCN0823_01.jpg
アマチュアと言えども侮れない!
これでたったの1,000円だから、実に安上がりに感動できた。

雨だけど、大分、いい気分で帰路の途中、横浜駅前に人だかりができている。
なんやろか
と思って寄って見たら、今、話題の自民党総裁選挙の街頭演説が行われるらしい。
ちょいと覗いて見ようかと思ったけど、露払いの地元若手衆議院議員の虚しい前説を聞いていたら、折角のいい気分が台無しになった。

この国の将来は・・・暗いね。

タイトルの意味は、 ”北京”にも”秋”にも関係ないから『北京の秋』です。


下のボタンをポチっとな

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

ゆい
携帯の話ですけど、発展途上国と言えばいいのかどうか
分かりませんが、ちょっと危険な所の方が携帯
使ってるそうですね。私の友達がそう言ったところに
居るので、聞いた話ですけど・・・

コンサートいいですね。
早速、芸術の秋ですね、食欲の秋には
気を付けないと←私がね、アハ(^^)
2008/09/22(月) 13:08:16 | URL | [ 編集]
星月 冬灯
平和なのか、そうでないのか確かに解らない時代
ですよね。文明の発達というのは時には恐ろしく
も感じます・・。

コンサート、千円ですか!!それは安いですね~
私もたま~にクラッシック聴きます。のだめは
良かったですよね。あの番組のお陰でずいぶんと
ファンができたのでしょうね。なんだか、私も演奏
会に行きたくなりました☆

コメント有難うございます☆
生きるのに目的がないと生きられない・・確かに
なにかにむけて頑張ってる人は輝いてみえたりし
ますよね。目標や目的は潤滑剤のような役割でも
あるのかも知れませんね。
2008/09/22(月) 19:06:44 | URL | [ 編集]
ねも
冬灯さん
コメントありがとうございます!
クラッシクコンサートはええですよ。
芸術の秋です。
10月、11月は中々いいコンサートが目白押しでっせぇ
2008/09/22(月) 21:02:55 | URL | [ 編集]
ねも
ゆいさん
コメント有難うございます!

天高く、馬も僕も確実に肥える秋です!
気をつけましょう
2008/09/22(月) 21:05:41 | URL | [ 編集]
あゆち
おひさしぶりです!携帯電話のお話実に興味深いです。
資本が戦争を巻き起こしてるけど資本が有る意味戦争をぶちぬいちゃってるんですね。
コンサート、素敵ですね♪
2008/10/04(土) 19:40:48 | URL | [ 編集]
ねも
このブログを書いたあと、どうやったら戦争は無くなるか?なんて誇大な思索をしてみたけど、結論はどうにもならん。
何しろ、戦争=ビジネスは、実に相性がいいから・・・
2008/10/05(日) 10:53:48 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。