アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
始めの一歩~グローバル・フェスタ2008
5月に仕事を辞めて、それからインドに行って、戻ってからは世俗を離れて瞑想の日々(嘘よん♪)を送っていたけど、今月から、仕事に復帰した。

システム開発のお仕事です。

たぶん、これが最後の仕事だと思う。というかそう決めたのだ。

SEになって、シーズン20以上。もう、この辺が潮時だと思っていたので、最後を飾るべく立派な仕事にしようかと、一応、心には秘めている。もちろん表には出さないけどね。

ここ数ヶ月、ずっと考えていたことは、”さて、これから何をやるべか?”

ひとつ決まっていることはある。癒しサロン専門のホームページ制作会社
(興味があれば、ちょこっと覗いてくださいませ)

もうひとつは、何か世界のため、人のために役立つ仕事というか、お手伝いというか、社会貢献というか・・・なんでもいいけど、困っている人のために自分を役立てたいということ。
(凄いこと書くなぁ・・・己は何者じゃ

んなぁ、ことを考えながら、いろいろネット・サーフィンをしていたらグッドなタイミングに、グッドなイベントがやっているとな。

グローバル・フェスタ2008

10月4日(土)、5日(日)の2日間、日比谷公園で、海外支援などを主に行っているNGO団体が一同に会する博覧会みたいなイベントだ。

01DSCN0859.jpg
02DSCN0861.jpg
元来、ボランティアだの、チャリティだの虫唾が走るくらい大嫌いだったのだけど、これから自分のやるべき道の答えの欠片ぐらいでも見つかるかなぁ・・ぐらいの軽い気持ちで出かけた。

12時ぐらいに会場に到着して、予想外の人出の多さにびっくり。
人それぞれ思いの違いはあるにせよ、アジアやアフリカで悲惨な状況で暮らす人たちに関心を寄せる人たちが之ほどたくさんいることに感動、かつ、今までの自分に反省。

日本の外務省や各国の大使館などの公的団体ブースから、JICAや海外青年協力隊などのメジャーな団体が目に付くが、それ以上に頑張っているように見えたのが草の根の民間NGO団体。

中には胡散臭そうな団体もあったけど、殆どが立派な団体に見える。そして若い人が多い。
参加者も出展者も若い人が多いのだ。

僕は、単純に偉いと思った。
自分が君達と同じ年代の頃は、アフリカにはライオンや象がいることは知っていても、子供達が泥水を飲んでいることなんて知らなかった。
アジアで人身売買や臓器売買が行われていることなんて知らなかったし、毎日、どこかで誰かが地雷や不発弾で亡くなっているなんて知らなかったし、興味も無かった。

正直、つい最近は、自分にはもう何も遣り残したことはないし、全部、やりつくしたと思っていたけど、中々どうして、何も見ていないし、何も経験していない。

そう思うようになった。

03DSCN0867.jpg
03DSCN0865.jpg
出店ブースは、アジア、アフリカなどへの海外ボランティアの参加者を募るものや、海外支援活動の報告ブース、さらにフェア・トレードと言って、貧困地域の人たちが作った生産物を公正な値段で取引し、彼らの自立に役立てる商業活動を支援するブースが多かった。

フェア・トレードは、言葉は聞いたことはあったけど、実際の活動内容を見るのは始めてだ。
ただ残念なことは、バッグやアクセサリーなど女性が好むような商品が多かったので、なかなか食指が伸びる商品は少なかった。
それとTシャツなどの服のサイズが小さい。Lサイズがあればいいのう(ってお前が痩せればいいのだ)
どのブースも似通った商品を扱っているところが多かったが、現地でしか手に入らないような貴重な品々多く、アジア雑貨好きにもイベントの趣旨に関係なく楽しめると思う。

余り買い物が出来なかった分、手当たり次第の募金と各国の珍しい料理が食べられるフード・コートで食い撒くって海外貢献してきました。

いろんなブースを回ってみて、正直、直視できない写真や悲惨な状況を伝えるパネルを見ていると、それだけで涙腺が緩んでしまう。年を取ると、涙脆くて困る。

何かせなアカンね。
今自分に出来ることは、精々、募金することぐらいしかできないけど、何も出来ないと思うより、今、自分ができることから始めよう。

05DSCN0869.jpg
明日(10月5日)もやってるでよ、興味があるかたは足を運んでみなはれ。
100円、200円でも救える命がある国が、この世界にたくさんあること知る、いい機会だと思うが、どうかね?

【イベント情報】
第2回タイフェスティバルin横浜2008

日時:2008年10月25日(土)・26日(日) 10:00~20:00
場所:みなとみらい21地区赤レンガ倉庫前広場
主催:アジア子ども教育基金協会(ACEFA)
後援:在日タイ王国大使館


下のボタンをポチっとな

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

tomry
この前はブログを見に来てくださり、ありがとうございました!
他のページも見せていただきました。
インドは行ってみたいのですが、ちょっと下痢が怖くて一歩が踏み出せません★
しかも辛いのが苦手で…ねもさんと一緒ですね(笑)

グローバル・フェスタ、楽しそう!
読んでいて海外支援についても考えさせられました。
2008/10/06(月) 20:52:26 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。