アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ハッピーニューイヤー In 韓国(2008-2009年韓国旅行記)
寒い。

結局、ソウル2日目は、
余りの寒さのため(常に寒さの所為にする)、名所巡りは早々に切り上げ、
僕のファンクラブのお姉ちゃんたちへのお土産を買うために、
明洞、南大門、仁寺洞あたりをブラブラして時間が潰してしまった。

これでいいのだ。
この日のメインイベントはなんてったって大晦日カウントダウンをすること。

崔さんに電話して、どの辺りに行けば一番盛り上がるの?と聞いたら、
鍾路(チョンノ)が一番盛り上がるとのこと。

いい場所を確保するために、22時30分ぐらいに現地に赴いた。

DSCN1281.jpg
普信閣という史跡の前に特設スタンドが拵えてあって、
その前は、人、人、人でぎっしり埋まっている。
おぉ、盛り上がってるねぇ

でも、なんだか様子が変だなぁ・・・
若い人がたくさんいるかと思ったら、結構、年齢層が高い人たちが多い。
家族連れとかカップルよりも、どちらかと言えば労働者風の余りハッピーな感じがしない人たちがやたらと目に付く。

DSCN1291.jpg

DSCN1280.jpg
みんなプラカードや旗を持って、何かシュプレヒコールを叫んでいる。
プラカードに、ハングル文字と”2MB”(2メガバイト?・・・そんか歌手名があるか?)
最初は、カウントダウン・イベントに登場するアイドル歌手を応援するファンの一群かと思った
(さすが観光のアイドル応援は激しいのう・・・とマジで最初はそう思った)

ハングル文字も言葉も全然分からないので、何が起こっているのかさっぱり分からない。
みんな何を叫んでいるんだろう?

”うーりーさーげー、いーみょんばーぐ”

こんなことを一声に叫んでいる。

”いーみょんばーぐ” って何か聞いたことあるなぁ・・・・と考えること数分。
昨日、崔さんと交わした何気ない会話を思い出した。
最近の韓国の一番のニュースは何?って聞いたら。
今一番のニュースは政治問題なんだそうで、具体的に何が問題なのかは聞かなかったけど、
その話を思い出したらピンときた。

”いーみょんばーぐ” とは、李明博(イ・ミョンバク)大統領のことだ。
これは、反政府デモ、大統領退陣要求デモなんだ。
プラカードに書かれている”2MB”は、数字の2の韓国読みは、"イ"で、"ミョンバク"のアルファベット表記の頭文字を取って、”MB”。
つまり、”2MB”=李明博(イ・ミョンバク)大統領 ということだ。

李明博(イ・ミョンバク)大統領が不人気であることは、知ってはいたが、之ほど不人気だとは知らなかった。
韓国も日本以上に金融危機の影響から不況のど真ん中で、その対応策を巡って大統領に批判が集中しているのかしら?
道理で、労働者風の叔父さん連中が会場を占めている筈だわ。
恐らく、この時期に一番注目されている場所で、反政府デモを行うことで、世間の注意を惹こうという作戦なんだろうね。

正直、この場の雰囲気は、ハッピー・ニュー・イヤーどころか、
周りは警察官がグルグルに取り囲み、
いつ、この人たちが暴徒に変わるのか気が気でなかった。
況しては自分は日本人なので、
なんかの弾みで反政府デモから反日デモにでも変わったら自分の身が危ない。
そこで、郷に入れば郷に従え。
僕も会場で配られていたプラカードを手にして、一緒に、反政府デモに参加してきましたイェイ

”うーりーさーげー、いーみょんばーぐ”

人生初の反政府デモ参加!イェイ
しかも他国の反政府デモ。

なんだか急に楽しくなってきた。

よくわからんけど、デモって楽しい!

それからカウントダウン開始まで、韓国人を装い、反政府デモに参加する。
(後日、この話を崔さんたちに話したら、超大爆笑!、受けまくっていた)

DSCN1306.jpg
30秒前あたりから、ビルにカウンターが投影され、一声にカウントダウンが始まる。
ここまで韓国人を装っても、ダメぁ、、カウントダウンは日本語になってしまう。
25、24、23・・・
ふむ?
近くから日本語のカウントダウンが聞こえるぞ。
声がする方振り返ると、若い2人の女性が日本語でカウントダウンをしている。
つい、勢いで声を掛けた。
僕:”日本人?”
女性:”そうですよ!、これって何ですか?”
2人もこの異様な状況に困惑しながらカウントダウンに立ち会っていたのだ。
僕は、状況を軽く説明し、一緒にカウントダウンを続行!
5、4、3、2、1

”ハッピー!ニュー!イヤー”

おめでとう!おめでとう!
2009年は、可愛いギャル2人と一緒に新年を迎えた
えへ。

DSCN1312.jpg
その直後から、鍾路(チョンノ)は解放区状態。
通りに溢れる人たちが手持ちの打上花火を夜空に向って撃ち放っている。
民族衣装と民族楽器を持って、踊り回っている人たち。
何もかもが素晴らしい、美しくて、儚くて、ここにいる人たち、みんなが輝いている。

この瞬間、すべての若き野郎どもへ、

Well we all shine on
Like the moon and the stars and the sun
(By John Lennon)

DSCN1325.jpg
打上花火:1,000ウォン

花火が一発、打ち上がる度に、
嫌なことも、辛いことも、孤独も、悲しみも、下らなさも、情けなさも、
すべて飛んでいってしまうような、そんな気がした。

DSCN1331.jpg
夜空に打ち上がる花火を眺めていたら、
今も、この時間も、鋼鉄の雨が降り注ぐ、イスラエル、ガザ地区の人たちのことを思わずにいられない。
いつの日か、一つの例外もなく、地球の隅から隅まで、
たった一日でもいいから、
全ての人が、こんな風に新年を祝える日が来ることを、
一日ぐらいこんな日が作ってみてもいいんじゃないの?神様

下のボタンをポチっとな


スポンサーサイト

テーマ:韓国旅行 - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。