アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ファランポーン
IMG_2720.jpg
さすが!バンコクの陸の表玄関だけある。なかなか立派な作りだ。外見はね。

中は案外、ちゃちいもんで、一昔前の上野駅のような風情がある。何となく懐かしい感じもする。

IMG_2711_01.jpg
ここに来たのは、何も電車に乗って何処かに行くわけではない。
数日後、サムイ島に向けてここから出発するための、事前調査+乗車チケット購入のためである。
サムイ島行くには、鉄道でスラー・ターニーに向かい、そこからフェリーで渡る。

ファランポーン駅の予約センターで、鉄道とフェリー乗り場までのバス運賃がセットになったジョイントチケットを購入した。

バンコク-スーラターニ:748B(2等車・エアコンなし
※乗車当日に、エアコンなし車両であることに気づき、慌ててアップグレードした
エアコン車へのアップグレード代:290B

生まれて始めて外国で長距離鉄道のチケットを買った。
ちょっとしたことだが、少しづつ自分が成長しているのが分かる。
いい年扱いて情けない話だが、正直な実感だ。

因みに、ファランポーン駅の前売りチケットの購入方法は、『地球の歩き方』などに書かれているとおりのままである。
なんのトラブルも心配も語学も要らない。
行きたい場所の地名と簡単が英単語数個で事足りる。

やはり旅とは簡単なことなのだ。
そうでなければ、人類が何千年前の昔から旅を続けることができないではないか。

IMG_2716.jpg
ファランポーン駅前のロータリー

FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂けましたら、どうか一押しをお願いします

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。