アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
レクイエム(2009年ニューヨーク滞在記)
07DSCN1662.jpg
あの日(2001年9月11日)、皆さんは何をしていましたか?
僕は、昨日の事のように鮮明に覚えています。
某会社の某システムのシステムテストを終えて、家に着いたのが11時過ぎぐらい。
日常のTVを付けて、最初に見たものは、余りにの非日常の煙に包まれたWTCと
何度も繰り返し放送されるビルへの突入瞬間の映像。
事故か?とおもったけど、2機目が突入した時、
あ・・・だめだぁ・・・事故じゃない、故意だ。
人間は遂にやってしまったのだ。
映画かサスペンス小説の世界の中だけでに留めておけばいいものを、遂に実行したのだ。
瞬時にそう思った。

08DSCN1660.jpg
どこか高い場所から見る方法がないかいな?と探したけど、見つけることができず、
フェンスに囲まれた中の様子は窺うことができなかった。
外側から見ただけの感想でしかないけど、その空地の広さ、
尋常でない広さに被害の大きさだけは実感できる。
一瞬で全て失われてしまったのだ。
建物じゃない、人間の命が奪われたのだ。

人間は、アホだ。
ブッシュもアホだったけど、アルカイダもアホだ。
こんな恐ろしいを考えだし、実行してしまう人間の本性を心底憎む。
新世紀のカウントダウンを迎えた時には、ノストラダムスの大予言は外れ、東西冷戦も終了し、核戦争の恐怖から逃れられ、バラ色の21世紀になる筈だったのに・・・

グラウンドゼロに一番近い教会は、事件の全てを間近で見て、
新WTCを建設風景を眺めながら何を思っているだろうね。
僕の声が聞こえるかい?
あんたの責任でもあるんだから、頼むから沈黙しないでくれよ、神様。

人それぞれ、思うことは違うだろうけど、ニューヨークに来るなら必ずここに来なはれ。
あの日、ここで亡くなった人、2,602人、9.11同時多発テロ全体では、2,973人。
しかし、あのテロが原因で亡くなった人は、そんな数じゃないだろう。
アフガン、イラク戦争で何万人って人が亡くなっている筈だ。
あの事件さえなければ、死ななくてもいい人たちだったかも知れないのに。
これからもまだまだ人が死ぬのだろう。
ガザでも今日も、誰かが死んでいる。
世界中で、今日も、自由と正義の名の下に、普通の人々が殺されている。
いったい、どれ程の人間の命を奪えは、平和が来た、と実感するのか?

グラウンド・ゼロは、永遠にレクイエムだけが流れる場所だよ。

オバマ大統領よ、君は、レクイエムを止めることができるか?

09DSCN1671.jpg

10DSCN1672.jpg
気を取り直して(別に取り直さなくてもいいのに・・)
近くのバーガーー・ショップで、昼食を取ることにした。
グラウンド・ゼロで、神妙な気持ちに包まれていたのに、腹が減ったら飯を食うという自然の摂理に抗うことができない自分が悲しい
営業スタイルは、お好きな具とパンの種類を選んで、挟んで終わりというシンプルそのもの。
この手の飲食店は、ニューヨーク中、至る所にある。

11DSCN1673.jpg

13DSCN1681.jpg
店内は、バーガー類の他に、お酒やお菓子も売っていて、奥にはサラダバーまで完備している。
2階が飲食スペースで、僕が入った時には、客は一人もいなくて独占、貸切状態だった。
そして、その時、僕が食べたのがこれ。

12DSCN1682.jpg
焼き肉バーガー:6.5ドル
超高カロリーであることを除けば(除きたくないが・・・)、参ったね・・・

美味ーーーーーーーーーーーーーーーーーい

この手のファストフード、ジャンクフードは不味いと決めつけていた所為もあるが、
予想外に美味しくてびっくりした。
ビーフの焼き肉が絶妙に日本人に納得できる味付けなのだ。
しかし、サイズもカロリーもどう見ても、一日の摂取量を超えている。
今日は、いつもより余計に歩かねばならない。

食事といい、地下鉄といい、何かと試練の多いマンハッタン・ツアーなのだ。

~ブログランキングに参加しております~
お気に召しましたら、どうか下のボタンをクリックしてくださいませ♪

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。