アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ブロードウェイ・デビュー(2009年ニューヨーク滞在記)
01DSCN1850.jpg
今日は、暖かかった。
久々に温度計がプラスに振れて6度。
先週、降った雪がすっかり溶けて無くなっていた。

今までは、ホッカイロ(上半身×2、靴下タイプ×2)と股引の完全装備でも耐えがたい寒さだったけど、今日は、普通に寒い日で、これくらいなら動ける!
ちょっと暖かいだけで、希望の光が目の前を灯しているような気にさせてくれる。
足取りも実に軽やか、疲れもしない。
来週一週間ぐらいはこんな日が続くそうです。

本日のメイン・ディッシュにして、若しかしたら、ニューヨーク滞在の最大のハイライトかもしれない、
夢の舞台、ラスト・アメリカン・ドリームのブロードウェイミュージカルにデビューしました!!
(別に舞台に立つわけじゃないから、デビューはちょっと違うな・・・)

実は小生、ミュージカルを見るのは生れて初めて、普通の舞台演劇でさえ見たことがない。
正真正銘、交じりっけなしのチェリーボーイなのだ!
(意味はだいぶ違うが、気分は近い)
それがまた何でと言われれば、ニューヨークと言ったら、ミュージカルでしょ、
と、いつも軽いノリで決めた。
ただ、ここで見なければ恐らく一生見る機会が無いかもしれないと思った。
正直、ミュージカルも演劇も余り好きなジャンルではなく、食わず嫌いなところがある。
タモリじゃないが、大袈裟な演技とセリフを歌で表現する余りの非日常感がこそばゆくて見ていられないのが正直なところ。
さて、ブロードウェイミュージカルは、この苦手意識を払拭してくれるのでしょうか?
それともさらに症状を悪化させるのでしょうか?

02DSCN1880.jpg
ミュージカルのチケットは、タイムズ・スクエアのど真ん中にある"Tkts"というブロードウェイ劇場のディスカウントチケットを一手に取り扱うチケットセンターで購入することができる。
そこでは通常の30%~50%引き+手数料で大概の劇場のチケットが購入できるのだ。

水曜と土曜日は、マチネ(昼興業)が14時からあるので、それを狙って11時半ぐらいに到着したが、既に100メートル以上の待ち行列になっていた。

”ちぇ、出遅れたか・・・”

今日は、暖かいし、土曜日だからしょうがいないね。

04DSCN1878.jpg
「シカゴ」の宣伝パフォーマー。
愛嬌たっぷりなポーズを見せて、チケット買い待ちの人達に必死にアピールしている。
さすがニューヨークっぽくていいね。(実際、ニューヨークだけど。。。)
一瞬、余りの可愛らしさに心奪われて、「シカゴ」を見ようかと思ったけど、既に心に決めた作品があった。
それは、「ライオン・キング」
それも何故かと聞かれれば、言葉が分からなくても見た目で内容が分かりそうな作品に思えたからだ。(相変わらずの英語コンプレックスの後ろ向きな選択)

最初は、チケットが買えるか?と思える程の長さに見えた行列も、20分ほどで購入窓口に到着した。
意外と捌けるのが早い。
しかし、列に並んでいる途中から、ここで「ライオン・キング」のチケットが買えるのか一抹の不安があった。

05DSCN1886.jpg
というのも、チケットセンターの脇には、取扱いチケットのラインアップ一覧に、何度眺めても「ライオン・キング」の文字が見つからない。
ディスカウント・チケットが無いだけで、正規料金のチケットはあるかも知れないと、僅かな希望を胸に窓口で、きっぱりと、「ライオン・キング」と伝えると・・・・
”ないよ”
”ガクぅ”

やっぱりね。それでは、当初からこのような事態(もちろん満席の可能性もあるから)を想定して、第2希望の「マンマ・ミーア」を伝えると、1階1列のステージ目の前の席が確保できた。
なんで第2選択が「マンマ・ミーア」かというと、内容は分からずとも楽曲がアバなので、歌だけでも楽しめると思ったから。
さて、この選択が吉と出るのか、凶と出るのか・・・

06DSCN1913.jpg

マンマ・ミーアのチケット:91ドル(手数料込)

高ぁ
91ドルとな!思っていたより高い。
というか、事前に何にも料金を調べていない自分に驚いた。
くぅ・・・これで内容が大したことなかったら浅利 慶太に文句言ってやる

チケットは手に入ったし、時間もあるし、ニューヨーク滞在のメイン・ディッシュの前に、本物のディッシュを頂くために劇場を散策すると、日本のサッポロ・ラーメンの看板が見えるではないかぁ!

日本食、特に、ラーメン禁断症状がピークに達している状態の時に、飛んで火に入るサッポロ・ラーメンではないか!

最早、他は眼中なしで、真っ直ぐ突撃した。

このラーメンのお味と「マンマ・ミーア」の感想は、次回にお預け。

これからホテルの引っ越しの準備です。

~ブログランキングに参加しております~
お気に召しましたら、どうか下のボタンをクリックしてくださいませ♪

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。