アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
二つのチャイナタウン(2009年ニューヨーク滞在記)
チャイナタウンに行っちゃいな

まずは、愚痴から。

最近、また、鬱なんだよねぇ・・・
だいぶこっちの生活に慣れたせいか、刺激のない生活に少々というか、かなり退屈モード。

ニューヨーク滞在と云っても、平日は、ホテルとオフィスの往復だけ。
会社帰りに一杯飲むとか、パチンコをするとか、綺麗なお姉ちゃんがいるお店に行くとか(特に原因はこれ)一切なく、ホテルに戻って、テレビを見ても、もちろん英語オンリーなんでさっぱりわからないし、仮に分かってもつまらない番組だらけだし、晩御飯作って、食べて、ちょこっと自分のお仕事をして、ブログ書いての繰り返しじゃ・・・

つまんないよ

いまどき、修行僧だってこんな生活しとらんわなぁ・・況してやニューヨークで・・・
お話したいよ。

先週の土曜日は、ミュージカルを見たあと、チャイナタウンに行きました。
ブロードウェイがあるタイムズスクエアからは、地下鉄で向かいました。
この日は、行きも戻りもミスなく目的地に到着、前回の失敗から早くもニューヨークの地下鉄を克服した予感。(まだまだ甘いけどね)

12DSCN1929.jpg
チャイナタウンってどんな街なのか、またまた予備知識無しで行ってみたら、想像とだいぶ違っていた。
横浜の中華街みたいなネオンギラギラの街かと思ったら、案外、そうでもない。
規模は、比較にならないほどマンハッタンの方が大きいが、明るさというか、活気は横浜の方が上かな?
夜に行ったから、昼間はもっと活気があるかもしれない。
よくわからない。
横浜の中華街との大きな違いは、こっちは、中国人が生活している場所といった感じで、観光的というよりは、生活密着型の中華街だ。

13DSCN1928.jpg
観光客向けの商売をやっているお店より、普通の生活者向けのお店の方が多い。
物価も僕が依然泊っていたホテルがある街よりだいぶ安い感じがした。

映画「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」でジョン・ローンとミッキー・ロークが抗争を繰り広げた、荒々しげな街の雰囲気は余り感じられず、期待していたわけじゃないけど、ちょっと拍子抜けした。

面白かったのは、チャイナタウンに囲まれるようにあるリトルイタリー地区。
かつてイタリア人街だった辺りは、中国人の進出で完全に取り囲まれようとしている。
中国人の逞しさ、生命力、活動力の強さを実感する。
確か「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」のセリフに、「イタリア人、アイルランド人も皆アメリカ人になるけど、中国人は、中国人のままだ」
みたいなセリフがあったことを思い出した。
チャイナタウンにいると、確かにここだけは中国なのだ。
しかも何の違和感もなく中国なのだ。
こんな不思議な街は、ちょっと他の国では見たことがないなぁ・・

14DSCN1944.jpg
趣味の悪い、金のアクセサリー類を扱っている”金行”があるのも中華街らしい。
金を、資産として購入する風土があるのは、僕が知る限り中国人とタイ人だが、この金融不況で資産価値が上がってウハウハしている中国が、この界隈にはゴロゴロいるんだろうね。

15DSCN1953.jpg

16DSCN1951.jpg
チャイナタウンに来たら、食べないわけにいかないでしょ。
チャーハンと青菜の炒め物とピリ辛チキンのガーリック焼き。
お味は・・・

大したことないなぁ

中国人客で盛況だったので、入ってみたが、正直、期待していた程の味ではなかった。
若しかしたら、普段、日本人の味に合わせた横浜、中華街の味に慣れたせいなのか、ここのは、あくまで中国人による中国人のための中華料理ということなのだろうか?
その辺も、やっぱりここは中国なんだと実感してしまう。

もう一つのチャイナは、新しいホテルからバスで10分程度のところにある、クイーンズ区のフラッシングという場所にあるチャイナタウン。
フラッシングという場所は、チャイナタウンに隣接するようにコリアタウンがあり、ニューヨークでも最大規模のアジア・コミュニティーがあるところ。
写真は来週にもお届けしますが、昨日、ちょいと散歩がてらに街を散歩してみたら、ここの方がマンハッタンのチャイナタウンより活気があるように見えた(昼と夜の違いもあるが)。

マンハッタンのチャイナタウンより更にディープなチャイナタウンで、怪しさは、柄の悪さ(やたら警察が多い)は、フラッシングの圧勝ですな。

詳しくは来週、ご報告しました。
はっきり言って、僕は、この街が一発で・・・

”好きになった!”

やっぱね、アジアだよ、アジア。
扁平な顔、小柄な人たち、甲高い中国語とハングルが飛び交う街。
僕が求めていたもの、危うさとカオスの全てがここにはある予感する。

生命の実感を味わうための街。

ニューヨークで一番、自分にしっくりくる場所に出会えたような気がする。

しかし・・・今、やるべきことは・・・

この退屈な日常から如何に脱出すべきか・・・

鬱だぁ・・ふぅ・・・

17DSCN1949.jpg
ただのホームシックかな?

~ブログランキングに参加しております~
お気に召しましたら、どうか下のボタンをクリックしてくださいませ♪

スポンサーサイト
ちゃおちゃお
マンハッタンのチャイナタウンで、
めっちゃ美味しいお店があるんだけど…
ごめんなさい…店の名前を忘れちゃったのです。
地下にあるお店なんだけど、真夜中まで大繁盛してるんですよ~!
場所は覚えているのに、お知らせできないのが辛いです(涙
グリニッヂにある小龍包屋さんとか、
安くて美味しいケーキ屋さんとか~…行きたいっ!

そちらは寒そうですね?
こちらは、数日前から、めっちゃ暑くなりました!
2009/02/15(日) 05:09:03 | URL | [ 編集]
Jasmine
中華街のご飯、写真ではすっごく美味しそう!
でも、大したことないんですね、残念。
チャイナタウンでは、ちょっと怪しげな
ベトナム料理のお店にも行った記憶があります。
あんまりおススメでなかったような・・

リトルイタリーのパスタ、また食べたいなぁ~

NY便り、楽しみにしてまーす☆
2009/02/15(日) 22:05:39 | URL | [ 編集]
ねも
ちゃお、ダメだよ!
肝心なものを忘れちゃ。
あ、でも、最近は、チャイナ・タウンがお気に入りよ。
なんだかんだ言ったって、Deliやグリルに比べたら全然、普通に食べられるからね。
思い出したらコメントして
2009/02/16(月) 12:06:42 | URL | [ 編集]
ねも
チャーハンはおいしかった。
その後、別のお店で、麺類を食べたけど、やっぱ美味しかったわ。
チャイナタウン失くして、ニューヨークでは生きられません。
僕はね
2009/02/16(月) 12:10:30 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。