アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ブロードウェイ戦記(2009年ニューヨーク滞在記)
8時には外出の準備を整えて、戦闘開始モードのスイッチを入れる。
今日は、土曜日。
前回の雪辱を晴らすため、早々ホテルを出発して、マンハッタンに向かう。

今日は、何が何でもミュージカルを見なくては気が済まない気分が脳内に充満していた。
ミュージカル禁断症状。

症状:「気がつくと、アバの”ダンシング・クイーン”を鼻歌で歌ってしまう。2週間以上、ミュージカルを見ていない人に起こりやすい。ダンスステップを踏むようになると、最早手の施しようがなく、唯一の
治療方法は、”極上のブロードウェイミュージカル”を見ること」


というわけで、今回の処方箋は、「オペラ座の怪人」です。

9時半にはタイムズスクエアのTKTSに到着したが、10時の発売開始前にすでに100メートルぐらいの行列が・・・しかも、気温は、マイナス3度・・・ビル風が、体感温度をさらに5度ほど押し下げている気がする。

30分ほど並んで、凍死寸前のところ漸く自分の番が回ってきて、無事、お目当てのチケットをゲットした。
真冬のニューヨークでミュージカルを安く見ようと思ったら、命掛けなんだか・・・・
こうして手に入れた戦利品がこれ、

01DSCN2158.jpg

オペラ座の怪人のチケット:51ドル

今回は、なぜ、こんなに安いのか、また、どんな席だったのかは、後ほど説明しよう。
今や、このチケットを手にしているだけで、天国にもいる気分になれるのだから、ミュージカル好きも殆ど病気みたいなものだ。
たまに無意識で”ダンシング・クイーン”を口ずさんでいる時にゃ、我ながら自分が可愛いと思ったりする。(やっぱり、病気だ・・・先生に診てもらおう)
それにしても、なんて素敵な紙切れなの・・・今回も僕を裏切らないでね。

”天国へ切符”を手に入れた後は、お腹にも天国を入れてあげなくては可哀そう・・・ということで、ちょっと早めに昼食を頂くために5番街方面へブラブラ向かうと、ブライアント・パーク近くで唐突に現れたのは、騎馬警官。

02DSCN2161.jpg
これこれ、騎馬警官!
これで2度目だけど、写真に収めることができたのは、今回が初めて。
ニューヨークと云えば、騎馬警官と思っているくらい、自分の中では、見たいものNo8ぐらいのものだったけど、実際、拝んでみると、やっぱかっこいいわ。

因み、ニューヨーク市警察の方々は、中々フレンドリーな方が多く、気軽に記念撮影に応じてくれる。
僕が、今日見た光景で衝撃的だったのは、アメリカ人らしい女性2人が、警察官と一緒に記念撮影をしようとお願いしていたら、なんと、警察官は気を利かせてくれて、その女性をパトカーに乗せてあげて一緒に記念撮影をしていた。
日本では絶対にあり得ない。
もし、こんなことをやったら絶対に、マスコミに叩かれて、懲戒処分を食らうのがオチだと思う。
アメリカ人の素敵な大らかに拍手です。
(こういう部分は、アメリカの圧勝、日本は100年たっても勝てそうありませんね)

03DSCN2194.jpg

04DSCN2218.jpg
グランド・ステーション
ニューヨーク滞在も1か月なのに、初めて、ニューヨークの真の表玄関、グランド・ステーションに来ました。
外の作りも内装も重厚で、歴史の重みを感じる駅舎ですな。
日本の東京駅は、改装工事で、以前のレトロな駅舎は、亡くなってしまいますが、つくづく地震国で、かつ、近代化の途上時代の貧相な建築技術で作られた古い昭和な建物が消えていくのは残念でしょうがない。
ニューヨークの古い建造物の美しさを間近で見ると、アメリカ人の”歴史的”なものに対する深い愛情というものを感じる。
歴史が古いことに慣れ切っている日本人も、少し見習った方がいいと思う。
(今日は、やけにアメリカを褒めるね・・・だってぇ・・ミュージカルを見た後なんだもん)

05DSCN2221.jpg
ちょっと早めのブランチで頂いた、チキンサンドとサラダとコーヒー、全部10ドル。
グランドステーションを褒めた口が乾かない内に云うのもなんだが、くそ不味いぞ。
チキンは、パサパサ、味なし、サラダもさっぱり味がしない。
食事に関しては、もうちょっと日本人を見習いなさいな、アメリカ人よ。

5番街まで来たついでに、日本で待っている娘っ子たちのために、今日もお土産のネタ探しに、

高級ブランド店を探索して参りました。
(なぜ強調しているのかは、察してください

06DSCN2241.jpg
一遍、マジで、ティファニーで朝食を食ってみたいもんだが、やったとしても警備員に摘まみだされて終わりだろうね。(それでもやる価値はあるかも。。。)

中に入るのは今回が初めてだが、予想はしていたが、やはり現実は、厳しい。
なんと、値札が無い
どれも値札が付いていないので、どれもこれも高そうに見える。
数は少ないが、値札が付いている商品(ブレスレット)を見つけて、ちらっと見たら、血の気が引いた。

59,000ドル

どうも、ここはお呼びじゃないようなので、向い側の、ルイ・ヴィトンへ入ると、ここでも値札がない。
つまりこういうことた。

値札が気になるような輩は、ここには来るんじゃねぇ!

ということやね。
悪かったな、値札が気になってよぉ!

みんな、ごめんね。
ティファニーやルイ・ヴィトンは無理だけど、愛情たっぷりの素敵なお土産を買って帰るから、楽しみして待ってておくれや・・・・

って、肝心のミュージカルの話は、まだなのか・・・

~ブログランキングに参加しております~
お気に召しましたら、どうか下のボタンをクリックしてくださいませ♪



スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。