アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
雪の日と月曜日は・・・(2009年ニューヨーク滞在記)
異国の長い睡眠のトンネルを抜けると、そこは雪国だった・・・

01DSCN2419.jpg
3月だよ、明日はひな祭りだよ。
それなのに、気温はマイナス6で、積雪は目測で20センチ。
明日は、もっと気温が下がってマイナス11度!
どうなってるねん、ニューヨークは!

朝、テレビのニュース番組を見ていて感心したのは、交通機関の遅れや運休がテロップで流れるのは日本でもお馴染みだが、どこぞの学校が休校するだの、公共機関(図書館や美術館など)が休館するだのの情報もテロップで流れるということ。
きっと子供たちは、朝、自分の学校が休校になることをニュースでしり、飛ぶ跳ねて喜んでいるんだろうね。
そういう我がオフィスも17時で終了して、もうホテルに戻っているのじゃ。
大体、アメリカ人の半分は出社して来なかった。
まぁ、出社したくても、この雪では、場所によっては車は動けんだろうね。
別のフロアーの別の会社は、臨時休業らしいし、という訳で、雪の日と月曜日は・・・・会社が早く終わる。(若しくは、会社がお休み)
というのがこの国のルールらしい。
素晴らしい

とは言っても、早くホテルに帰ったところで何もやることがない。

たっぷり時間があるので、今まで紹介し切れなかったニューヨーク生活の小ネタをご披露しますわ。
11DSCN2022.jpg

12DSCN1583.jpg
ヴァージン・メガストアの内部。
僕はてっきりアメリカ(ニューヨーク)にタワーレコードがあるもんだと思っていたら、これがびっくり一つもない。
こっちでCDショップと言ったら、イコール、ヴァージン・メガストアだと思って構わないと思う。
店舗はでかいが、意外に品揃えは良くない。
日本のタワーレコードの方が品揃えの点では、2、3倍はあると思う。あっと驚くようなアイテムも全くなく、日本の方がよほどマニアな作品まで置いてある場合があるので、どう見てもタワーレコードの圧勝だと思う。
もう一つ、意外に安くないのだ。
新作だと大体18ドルぐらいが相場で、これも日本で買った方が安いと思ったくらい。
しかし、旧譜だと、これが10ドル前後ぐらまでに落ちるのだから価格設定が極端なのだ。
新譜を買うなら日本、旧譜を買うならニューヨークというのが僕の結論。
U2の新作がもう発売かな?
日本に帰るまで我慢しよう。

14IMG_7244.jpg
物価が高い高いとよく書くけど、衣食住の”食”と”住”は日本の1.5倍程度ぐらいの感覚があるが、反面、衣類は安いと思った。
まだ、こっちで洋服は買っていないが、フラッと入ったリーバイス・ショップで501が59ドルだから日本の半値なのかな?
去年、銀座にOPENして大騒ぎになった激安セレクトショップのH&Mなんて、こっちでも普通の安売り店で、店内は込み合ってはいたが、それだけの印象。
名前は忘れたけど、5番街の日本ではまだ未紹介だと思うジーンズショップは、入場制限があるくらいの大盛況ぶりだった。(何れ紹介しますね)

ニューヨークは、ファッションの街だということ改めて実感した。
女の子だったら、きっと大喜びで買い物三昧なんだろうね。
(その影で男たちは荷物持ち・・・・無念)

15IMG_7269.jpg
レストランでよく見かける”ザガット・サーベイ”印。
日本でも数年前に話題になった、口コミで評価される飲食店情報誌。
これから僕が何を書くのか、大凡見当がつく人は読み飛ばしてください。
アメリカ料理が好きな人は、”ザガット・サーベイ”印だろうが、”ミシュラン”印だろうが何食っても美味しいでしょう。
僕は、全くダメ。
”ザガット・サーベイ”印のお店で食事しましたけど、結論は、変わらず、”大したことない”。
アメリカ人の味覚は、僕には到底理解不能なシロモノなのだ。

05DSCN2348.jpg
最後に、ニューヨークの治安について。
僕の印象では、日本より遥かにいいと感じるほど、快適に思える。
遅い時間(0時過ぎ)に出歩いたのは1回だけども、怖いとも思わなかったし、危険な感じが全くしなかった。
まず酔っぱらいがいない。それだけでもかなり快適だ。
地下鉄も清潔で、変な人が乗っているを見かけたことはないし、乗客同士のトラブルも皆無だ。
普通の観光客がよく出向くような場所で、普通の時間帯(遅くても0時まで)なら安心して行動できると思った。
まぁ、油断している時が一番危ないので、気を緩ますようなことはしないけど、
ニューヨーク=怖い=犯罪都市 といったイメージとはだいぶかけ離れている気がする。
タイム・スクエア周辺や高級ホテルの前でコール・ガールが客引きしている姿なんて全然見られません(ちょっと期待していたかも・・・)
そんな風景は、1980年代の映画の中だけで終わったのかもしれない。

少々(多少?)危険な香りも感じて見たいと、怖いもの見たさで期待していたが、ちょっとがっかり・・かな?

~ブログランキングに参加しております~
お気に召しましたら、どうか下のボタンをクリックしてくださいませ♪

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。