アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
サマータイム(2009年ニューヨーク滞在記)
16DSCN2106.jpg
とりあえずジャニス・ジョップリン姉さんに登場して頂きましょう。

こちらアメリカでは、3月9日(日)からサマータイムがスタートします。
深夜1時だったかな?
時計の針を1時間進めれば、貴方もその瞬間にサマータイム!
(何のこっちゃ?)
たった1時間だけど、ものすごーーーく損した気分になるサマータイム。
まだ6時でも日は昇らず、辺りは真っ暗なのに、明日からの6時は、今日までの5時。
つまり1時間も早く起きることになる。
どう考えても納得でけへんし、なんで3月にやるのかね?
どうせなら5月とか6月にやってもらいたいわ

とは言え、人生初のサマータイム経験。
長生きするといろんな経験をするもんだねぇ。
明日になれば、ジャニスが歌った、凍りつくような”サマータイム”の気分が味わえるわけだが、
まるでタイミングを合わせたかのように、今日は気温が一気に上がりました。
なんと、20度!(んなアホな)
今週、火曜日は、マイナス11度だったから5日で30度も気温が上昇したわけだ。
しかも、明日の予報では、30度近くまで上昇するらしい。
どうも季節があるんだか、無いんだかようわからん国だよ、アメリカって国は。

お陰で目下の最重要課題は、気温変動に伴う体調の維持。
オフィスには風邪が蔓延しているので気を付けねばなりません。

気温が上昇し、装いも気分もすっかり軽くなったので、何をするべか?
と思案するが、どうせ暖かいなら目的もなく街をブラブラするのが一番ええかと思ったけど、
既にマンハッタン食傷気味状態だったので、ここは、気分を変えてメトロポリタン美術館に行くことに決定!

01IMG_7491.jpg
メトロポリタン美術館(通称:MET)
セントラルパークの真ん中辺りのイーストサイド側のあり、
5番街、42nd ストリートから歩くとたっぷり30分は掛かります。

ある人に云わせると、ニューヨーク観光の目玉は美術館巡りだそうだ。
云われてみれば確かにそうかもしれない。
ニューヨークには、世界的に著名な美術館、博物館が多数ある。
その中で、メトロポリタン美術館は、大英博物館、ルーヴル美術館、エルミタージュ美術館と並ぶ世界最高峰の美術館だそうだ。
(ニューヨークに来るまで、その存在すら知らなかったアート音痴です)

入場料:20ドル

セキュリティ・チェックを受けて、展示室に入ろうとすると、大きなバッグ(僕の場合は、リュックサックだけど)は、預けるように注意される。
暑いから上着も預けて身軽になって館内散策の開始だ。

02IMG_7499.jpg
まずはギリシャ彫刻がお出迎え。
数千年前の遺物が無造作に展示されている。
周りには学生たちが、地べたに座り込んだりしてデッサンをしている。
なんか自由でいいねぇ・・・
日本じゃこんな風景お目にかかれないだろうね。

03IMG_7511.jpg
所蔵品数は200万点
建国230年の国にしては分不相応な量だが、その若さと勢いに任せて世界中から分捕った品々が展示されています。

メトロポリタン美術館は、一言で云えば・・・

でか過ぎる

日本中の美術館を全部足しても、まだ足りないくらいの規模。
当然、1日で全部見て回るなんて絶対に不可能。
”歩く”だけなら1日でも十分だが、ちゃんと見て回るとしたら間違いなく、2日、3日は掛かる規模なのだ。
このブログで1点づつ紹介していたら、恐らく1年分のブログ量にあると思って差し支えない。
とにかく、これ程巨大な美術館に来たのは生れて初めてなので、展示されている作品に感動する以前に、ただただ歩き疲れる美術館なのだ。

04IMG_7522.jpg
モディリアーニ

05IMG_7534.jpg
誰でもピカソ

06IMG_7559.jpg
ルノアールのコーヒーって高くない?

07IMG_7545.jpg
人類の至宝というべき美術品が、柵もガラスケースもなく展示されています。
写真撮影は、ほんの一部の特別展示品を除いてすべて撮影OK
ただしフラッシュ撮影は厳禁です。

この歴史的作品との距離感の無さが、実にアメリカ的でいいね。
触れようと思えば、触れられる場所に、ピカソやゴッホやゴーギャンやセザンヌがところ狭しと飾られている。
勿論、触れちゃダメよ。

アートな街、ニューヨークの真髄を見た気がしたね。
芸術作品のオーラに感化されたのか、または、楽しそうにデッサンに勤しんでいる学生たちに感化されたのか、遂に、僕のアート魂に火がついた

ワシもデッサンする

次回、アートな街でアーティストに変貌を遂げた僕の作品を一挙公開予定!

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

momin
いいなぁ、メトロポリタン美術館三昧なんて、、、

日々、芸術的暮らしになっていますね^^
そろそろ アーチストねもさんデビューかしらん

海外の美術館では 私も最初驚きました(゜O゜;
子供達が寝転がったりして摸写してるし 写真はOKだしネ
「あぁ、こうやって 小さな頃から美的感性が育つんだな」って思った。

ところで、大雪の直後は気温急上昇で一気に春?
さすが、サマータイムですね!

ジャニス・ジョプリン、一時期のめりこんじゃった^^
サマータイム♪ 大好きです^^

2009/03/09(月) 02:31:34 | URL | [ 編集]
はにゃ
ネットが止まってしまって、返事が遅れました。

今度はMOMA(近代美術館)に参上予定です。
こちらもしっかりレポートしますね。
2009/03/11(水) 11:22:08 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。