アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
君の友達
貯まったマイレージで、ずどんと福岡に行ってきました。
福岡は、2007年から2008年に掛けて10ヶ月間生活した街。
それは、心の故郷、最も愛すべき人たちが住む街、そして、中洲・・・、されど、中洲。(結局、これが目的)

中洲はさておき、その前に、福岡時代に、一緒に仕事で苦楽と共にしたRさんと終日ドライブ♪
博多駅博多口前10時に待ち合わせ。Rさんは時間どおりに登場。
1年ぶり?くらいかな。全然変わらないなぁ・・・変わらずお美しいお姿
(一応、書いておかないと・・・)

無事再開を果たすと、次はこの日の”足”となるレンタカーを借りに、レンタカー屋さんへ向かう。
この福岡訪問は、事前に念入りに準備した積もりだったのが、いつもそうだが詰めが甘い。
レンタカー屋の場所を確認していなかったのだ
(そんな大事なことを何故確認しないのじゃ~)
しかも、予約したのは、”ニッポンレンタカー”なのに、何故か頭の中では、”日産レンタカー”とインプットされていて、それでレンタカー屋さん探ししたもんだから、まぁ、見つからない。
結局、ニッポンレンタカーに電話し(最初からそうしろ)、駅から徒歩5分程度に場所にあるレンタカー屋さんに到着するまで30分も掛ってしまった。
しょっぱなからの躓きだが、時間はたっぷりあるし、特に急ぐ理由もない
無事、レンタカーもゲットし、軽快にドライブ・スタート!
目的地は、唐津、そして呼子のイカ!
福岡市内から高速、一般道を乗り継いで約2時間ぐらいの道のりだ。

01DSCN2777.jpg
風がちょっと冷たいこと以外は、どピーカンのドライブ日和。
何を隠そう(別に隠すことではないが)、僕は、究極、普遍の永劫回帰の”晴れ男”なのだ。
(Rさん、ごめん、この日の天気は、やっぱり日頃の僕の行いを見ている神様のご褒美だよ

02DSCN2783.jpg

03DSCN2782.jpg
唐津の名所、「虹の松原」は、ご覧のとおり、人っ子一人いない完全貸切、プライベート・ビーチ状態。
平日の昼間では当然と云えば当然な状態なのかもしれないけど、この奇跡な風景を見て、やることと云えばこれでしょ ↓

”海のバカヤロー!”(なんでやねん)

あー、すっきりした。

04DSCN2798.jpg

05DSCN2799.jpg
唐津城
小さな田舎城だなんて侮ってはならん。
一国一城の主の恍惚感に浸れる天守閣からの眺めは、入場料400円分の価値はあるぞよ。
因みに、僕は、城内の”大名クイズ”で満点を取って、見事、”大名”に認定されました。
(隠しても隠しきれない風格が漂うではないか・・・僕は)

九州の桜は、今が”散り盛り”(こんな言葉があるか?)
緩い風が吹く度に、花びらが舞い散る光景に、

花に嵐のたとえもあるさ、さよならだけが人生だ”(井伏鱒二)

06DSCN2810.jpg
絶景で目も心も満たされた後は、腹も満たさずにはいられないのは人間の性。
呼子のイカの活造りです。
味は勿論、世界遺産クラス!
足がピコピコとまだ動いているのは、残酷だけど、旨いんだかしょうがない。(すまん、イカくん)

この日のRさんは、体調も芳しくなく、
それも気がかりだったが、それ以上に、憂鬱な日々を送っているとの話だった。
状況は、メールで知っていたが、思っていた以上に、辛い状況に心が痛む。

Rさんと僕は、似たような”過去”を経験している。家庭環境も似ていて、
人生に対する考え方も共感する以上に、僕と同じ思いを持つ人がこの世にいることにびっくりすることは、一度や二度じゃない。
時々、前世では兄妹だったんじゃないかと思う程だ。

それだけに何とかしてあげなくてはという気持ちが空回りして、
何時もなら、こういう時に、口八丁、手八丁で、上手い言葉が思いつき、
気持ちを和らげてあげる特技が自慢だったのに、この日は、それがさっぱり出てこない。

たぶん、そんな軽い言葉だけでは、今のRさんを癒すことはできないと思った。
僕が詩人やミュージシャンや芸術家だったら、
こんな時に、優しい詩や歌や、美しい絵で癒してあげられるのだろうけど、
僕は、詩人でもなく、音楽家でもなく、芸術家でもない。
こんな時に、何もしてあげられない自分の無力さが悔しいけど、
ただ、それだけで終わっては男が廃るので、借り物だけど、この歌を贈るよ。

You've Got A Friend(きみの友だち):キャロル・キング

When you're down and troubled
and you need a helping hand
and nothing, whoa nothing is going right.
Close your eyes and think of me
and soon I will be there
to brighten up even your darkest nights.

元気をなくして 打ちひしがれて
何か支えが必要なとき
何もかも、 もう何もかもが うまく行かなくなったとき
そんなときは目を閉じて 私を想ってほしい
そしたら すぐに行くわ
真っ暗な夜だって照らしてあげる

You just call out my name,
and you know whereever I am
I'll come running, oh yeah baby
to see you again.
Winter, spring, summer, or fall,
all you have to do is call
and I'll be there, yeah, yeah, yeah.
You've got a friend.

ただ私の名前を呼ぶだけでいい
私がどこにいたとしても、あなたに会いに 私 走ってく
春、夏、秋、冬 いつだって、呼んでくれるだけでいい
そしたら、そこに駆けつける
あなたには友達がいるんだよ

If the sky above you
should turn dark and full of clouds
and that old north wind should begin to blow
Keep your head together and call my name out loud
and soon I will be knocking upon your door

もしもあなたの頭の上に広がる空が
暗くなって いっぱい雲が垂れ込めて
あの北風がやって来たとしても
こころを落ち着かせて、私の名前を呼んでほしい
そしたら 間もなくドアをノックする音が聞こえるはず

Hey, ain't it good to know that you've got a friend?
People can be so cold.
They'll hurt you and desert you.
Well they'll take your soul if you let them.
Oh yeah, but don't you let them.

ねえ 友達がいるのって いいことじゃない?
人って 冷たかったりするもの
あなたを傷つけるかもしれない 
あなたを見捨てるかもしれない
くじけて気を許したら、魂だって奪われる
ああ、でも そんなこと させちゃいけない

You just call out my name,
and you know whereever I am
I'll come running, oh yeah baby
to see you again.
Winter, spring, summer, or fall,
all you have to do is call
and I'll be there, yeah, yeah, yeah.
You've got a friend.

ただ私の名前を呼ぶだけでいい
どこにいたとしても
あなたに会いに 私は、駆けつける
春、夏、秋、冬 いつだって呼んでくれるだけでいい
そしたら、あなたの元に駆けつける
あなたには友達がいるんだよ


この世で一番嫌いな言葉だけど、今の僕が、Rさんに云える言葉は一つしかない。

”がんばれ!”

君が幸せでない世界なんて、存在する価値もない。
必ず、君の願いが叶う日が来る事を、僕は信じている。
だから、助けが必要な時は、いつでも呼んでくれよ

スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。