アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
スコータイ遺跡ですタイ・その2ですタイ
さらにスコータイ遺跡ですタイ。このキャラ段々気に入ってきたでごわす。

07IMG_8090.jpg
これは遺跡内に設置されておったスコータイ遺跡の想像図ですタイ。ほんに立派なものでごわす。

08IMG_8100.jpg

09IMG_8059.jpg
遺跡内は、芝生がようけ綺麗に手入れされておったでごわす。
これで気温が25度前後であれば、何時間でも居りたいと思う場所ですタイ

10IMG_8150.jpg
像が支えておる珍しか仏舎利ですタイ。ほんにこの象の彫刻がリアルで、おいは一瞬、本物の像が支えておるかと思うたでごわす。(そんなわけなかですタイ)

11IMG_8163.jpg

12IMG_8169.jpg
スコータイ遺跡のクライマックスのひとつワット・シー・チュムの大仏様ですタイ。
少々分かりずらい場所にあるのと、「地球の歩き方」のスコータイ遺跡の地図の距離感よりだいぶ遠かところにある印象ですタイ。
指先に金箔があるのは、昔のものが残ったままなのか、今の人が付けたのかおいにはわからんとですが、かつては金色に輝いていたと想像したらほんに凄か大仏様ですタイ。

他にも見所たくさんのスコータイ遺跡ですが、余り多く見せ過ぎると、これだけで行った気になって、
現物を見に来る人が居なくなると、おいは困らんですタイが、スコータイ遺跡で飯をは食うとるもん達が困りますんで、この辺でやめておきましょう。

おいは最後にこれだけは云いときたいです。

スコータイ遺跡は、凄かたい(すごかたい、すこーたい)

おいは、これが云いたかタイばってん、このキャラになったでごわす。


スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。