アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ウボン・ラチャターニーの基本構造(2009年タイ旅行記)
ウボン・ラチャターニーは、旧市街と郊外に広がる新市街に分かれる。
新市街の方は、大型ショッピングセンターが林立し、一見、日本の郊外バイパス沿いの風景と比べても見劣りしない。
って云うか、タイだからといって特別驚くような光景に出会ったことがない。
寧ろ日本と変わりないじゃん、って印象の方が多い。

06IMG_8431.jpg

07IMG_8432.jpg
大型ショッピングセンターに車の数に、確実にタイは、大量消費社会に突入していることが分かる。
世界は否が応でも自由主義経済の旗の下に均質化に向かうんだろうね。

ウボン・ラチャターニー観光の最大の見所は、この仏舎利(ワット・ノーンブア)だろう

08IMG_8427.jpg
高さ56mの仏舎利の中にさらに黄金に輝く仏舎利が収められている。

09IMG_8422.jpg

10IMG_8423.jpg
眩いほどの輝きとはこれのことを云うのだろう。中ではタイ人観光客が熱心に祈っていた。
人が祈り捧げる姿は、いつ、いかなる場所、宗教を問わず心を打たれる。
彼らの声が届きますようにと僕は祈った。
ついでに究極のウボン美女に出会えるようにとも祈った。(ただし、この祈りは届かず・・・)

これを見ちゃうとウボン観光のハイライトは、すべて終わりと云って過言ではなく、その後、ホテルまでたっぷり2時間以上かけてとぼとぼ灼熱の中を歩いて帰った。

僅か2日間の滞在で、なぜこの町(近郊市町村も含めて)が水商売関係の女性を多数輩出しているのか、正直、さっぱり分からなかった。
町行く女の子たちも特別可愛い子が多いという印象もなく、特別貧しいと感じることもなく、至って平凡な何の特徴もない町にしか思えなかった。
ただ市民の人柄は、おっとり優しげで、観光ズレしてなく、英語もあまり通じつ、不思議とタイに来たんだなぁと実感できる町。
暑い中歩いていて、冷房が効いたコーヒーショップに入った時、店員さんが気を利かせてくれて、
エアコンの送風口の向きを一生懸命、長い棒を使って向きをこちら側に向けてくれたり。
食堂のおばちゃんは無口で、無愛想だけど、”アロイ(美味しい)”と伝えると、ニコって微笑む姿など、
なんだかタイってこんなところじゃん、っていうこっちの勝手なイメージに近い町。

ウボン・ラチャターニーってそんな町かな・・・

好きです!ウボン・ラチャターニー
(つぼ八じゃないんだからさぁ・・・)

好きです!ミルクちゃん
(こっちは本気だね)

しかし、わからん、何ゆえにここの女の子たちは、ビアバー、ゴーゴーバーを目指すのか・・・
(目指しとらん、しょうがないから働いているのじゃ)

その答えは、多分、ここでは見つからないだろう・・・

”答えは、ゴーゴーバーの中にある”
(最後は、ボブ・ディランのパクリかよ)




スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。