アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
コラートでもフィールドワーク(2009年タイ旅行記)
この3、4日、新型インフルエンザに罹り死にかけましたわ。その模様は後ほど詳しく・・・

ウボン・ラチャターニーには2日間滞在した。
好い街ですけど、5日も6日もいるような街じゃないんで、次の都市、コラートへ向かうため早朝6時にウボン・ラチャターニー郊外の鉄道駅に向かった。

TOKYOホテル → ウボン駅:100バーツ(トゥクトゥク)

鉄道を利用する場合、前日までに前売り切符を買うの常だったが、この時は、どうせ田舎のウボン・ラチャターニーで、しかも始発だから大丈夫だろうと思って駅に着いたら、切符が手に入る以前に鉄道そのものが運休していた。
最初は冗談かと思ったら、誰に聞いても”CLOSE”の答え。
結局、同じトゥクトゥクで、鉄道駅から遥か彼方のバス・ターミナルへ向うことにした。

ウボン駅 → バス・ターミナル:200バーツ

バスより安い鉄道で節約しようと思ったのに余計な出費をしてしまった。
しかもだ、バス・ターミナルから出発したバスは、いったんウボンの旧市街、それもTOKYOホテルからも近い場所に停車して、乗客をピックアップして再度出発したときたもんだ。
「地球の歩き方」をちゃんと読み込んでおけば書いてあったものをちゃんと読まないから二重に損した気分になった。ぶひ

しょうがない、これも経験だし、これを読んだ人の後々役立つ情報提供だと思えばいいさ。(何て健気なのでしょう・・・)

ウボン → コラートまでのバス・ルートは、行きと全く同じルートで、所要時間は約6時間
何だかんだで8時にウボンを出発したバスは、14時半にはコラートに到着していた。

コラートのバスターミナルも旧市街から少し離れた場所にある。そこから今夜の宿のチャオプラヤーインまでトゥクトゥクで60バーツ、10分程度でホテルに到着した。

01IMG_8444.jpg

02IMG_8440.jpg

03IMG_8441.jpg
チャオプラヤーイン 500バーツ/1泊

この料金で、A/C、ホットシャワー、TV、無線LAN(無料)に冷蔵庫がついているんだから、かなりコスト・パフォーマンスのいいホテルだと思う。
バンコクでは考えられないハイ・スペックなホテルです。
多分、タイではスタンダードなビジネスホテルって感じなのかな?
若しくは、タイ式の連れ込みホテル?

後ほど詳しく紹介するが、周りの雰囲気が如何にも怪しげなのだ。
別に危険だというわけじゃない。
人どおりも車の往来も激しい街中一等地みたな場所なんで安全です。
何となく、五反田のビジネスホテルのような感じと書けば、ニュアンスが伝わるだろうか。
(こんな説明で伝わるか)

まぁ、それはともかく、室内は清潔だし、繁華街のど真ん中にあるには静かだし、文句のつけようのないホテルだった。しかも、

受付の女の子が超×10可愛い。
(写真に収めなかったのは一生の不覚)

この子に会うためだけに10連泊しても惜しくないほどの可愛い子ちゃんだった。
(日本のアイドルでは、誰に似ているという例えばできないほど今まで見たことのない美少女)

僕は密かにコラートが最もタイ美人の産地ではないかと思っている。
水商売関係者にタイ東北部の人が多いということは何度も書いているが、中でも僕が今まで出会ったタイ美人の中にコラート出身が多いのだ。
これは、我がライフワークでもある構造主義文化人類学の研究に持ってこいの街かもしれない。
(・・・て、いったい何の研究だよ)

コラートと云っても、殆どの人が、なにそれ?どこよ?って感じだと思う。
僕も今回の旅で初めてその存在を知った町だ。
コラートの正式名称は、ナコーン・ラーチャシーマーという長ったらしい名前を持つタイ中心部の県庁所在地で、

ここから「地球の歩き方」には書いていない、現地に行ったからこそ書ける生情報を教えましょう。

文章では”コラート”と書いていますが、実際、発音するときは、”ト”は発音せず、”コラー”と言いましょう。(最後の”ト”は聞こえるか、聞こえない程度ぐらいの感じがいい)

バスのチケットを買う時も、バスに乗り込む時も、”コラート”、”コラート”と云ってもさっぱり通じませんでした。
何度か連呼しているうちに相手も分かってくれたが、タイ語で最後が”T”の場合、トラートもそうなのかな?
”T”を発音しない場合があるので注意が必要です。
(トイレも日本と同じように”トイレ”って云っても通じるよ)

何故にトラートにいるのか?

長距離移動に疲れたので、コラートでワンクッション入れてからバンコク入ろうと思っただけ。
だから何の予備知識も期待もなし、ただ、寝るためだけに滞在した街だったのだが、またしても思いがけない事態が・・・
寝るだけじゃすまない事態・・・・

つまり、あれでんがな・・・・

と、期待を持たせて次回に持ち越す、この阿漕なブロガーは、この街でも大失態をやらかすのだ。



スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。