アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アクロス・ザ・ボーダー(2009年カンボジア旅行記)
インフルエンザが回復した後も、英気と精力を回復するため、パタヤに1週間滞在した。
その間、まぁ、いろいろとあったんだけど、それは何れ書くとして、ここでまたMr.ノープランの本領を発揮する時がやってきた。

そうだ、カンボジアに行こう(何度も書くが京都に行くんじゃないってばさ)

何気にテレビを見ていたら、アンコールワットの映像が流れていて、それを見て決めちゃった。
事前情報ゼロ、手持ちの資料は、例によって例の如く、「地球の歩き方」のカンボジアのダイジェスト版数十ページ分。しかも人生初の陸路国境越え。

今回の旅では殆ど旅行代理店を利用していなかったが、今回は、お初の国でしかも初の陸路国境越えということもあって、旅行代理店のツアーバスを利用することにした。

パタヤ → シェムリアップ:1,650バーツ(カンボジア入国ビザ代等は含まれない)

ちと高いが、カンボジアのビザ申請など面倒くさそうな気配濃厚だったので、手間賃を考えればしょうがない値段と割り切った。

7時30分、時間通りにカンボジア、シェリムアップ行きがホテル前に到着し、ミニバスに乗車した。

パタヤを出発して3時間あまり、カンボジアとの国境の町、アランヤプラテートに到着する。
ここでミニバス会社提携の旅行代理店で入国手続きを行う。

02IMG_9504.jpg
カンボジア入国手続き代行料:1,200バーツ

簡素な入国書類にプロフィールを記載し、顔写真を添付してパスポートと一緒に旅行代理店のスタッフに預ける。(写真がなくてもその場で撮影して貰えます:100バーツ)
スタッフはそれを持って、先に入管に向かった。
時間も昼時だったので、その場で簡単な昼食を取ってから、12時過ぎに、再び、ミニバスに乗り込みカンボジアに入国するため国境へ出発する。
国境は、旅行代理店から10分程度の場所にある。

03IMG_9512.jpg
アランヤプラテート側の国境付近は、大きなマーケットになっていて、カンボジア側からやってきて買い物をする人たちなんだろうか?(殆どタイ人だね)大勢の人で賑わっている。
ただ、タイの雰囲気を漂わせているのは、その市場までで、タイの出国管理事務所に近づくにつれて様子が変わって来る。

ミニバスを下ろされて、タイ入管事務所まで数十メールの距離だが、日差しを遮るものが何もない、裸の路上を歩かされる。
その時、子どもたちがつかつかと近寄ってきて日傘を差してくれた。
直ぐにピンときたね。わずか数十メールの日陰のない通りを歩く外国人相手に日傘をさしてチップを頂こうという魂胆だ。
ただ、これにはちょっとびっくりした。
タイは、残念だが物乞いが非常に多い。だが、こういうタイプは見かけない。
タイでは、タンブンというお布施の習慣があって、物乞いもそのお陰食っていける(?)、実に優しい社会だから、わざわざ小賢しいサービスで小銭を稼ぐ必要がない。
拝むだけで小銭を頂くタイ市中の物乞いよりは、些細な仕事をして小銭を稼ぐ彼らの方が立派に違いないが、そういうことでお金を得ようとする発想がタイ人とは違うなぁという印象を持った。
まだタイ側にいるにも関わらず、もう既にカンボジアに入ったかのような気がした。
行ったこともない国なのに、なんとなくカンボジアという国の姿が一瞬見えたような気がした。
早くも気が重くなる。

ここでタイ出国に関する注意点。

タイ側入管事務所が近づくと、炎天下の中、外に100mぐらいの待ち行列ができていても、僕ら外国人は、それに並んではいけません。
その列は、タイ人の出国審査待ちの行列です。
僕ら外国人は、ショートカットして入管事務所に入って大丈夫です。
(別に外国人が特別扱いという訳じゃないですよ、唯単に、出国する人数が、タイ人より圧倒的に少ないだけです)

外国人専用の出国審査のゲートは2ブース、それぞれ20名ほど並んでいた。
ここまで来ると、空路での出国審査と変わらない。
20分ほど並んで、何事もなく出国完了。カンボジア国境へ向かう。

04IMG_9521.jpg
たった数10メール歩くだけの国境通過だが、その数10メールで世界が一変する。
人の雰囲気もどことなくやさぐれた感じに見えるのは偏見かもしれないが、瞬間的に、ここがタイではないとはっきり感じるくらい、人も物も建物も路上も何もかもが違って見えた。

そこは、カンボジア側の国境の町、ポイペト。

05IMG_9531.jpg
まず、目を引くのは、場違いなくらいに豪華なカジノ施設。
国境のカンボジア側の入国審査場より手前にカジノ・ホテルが林立している。
客が入っているようには見えなかったが、一体どういう人たちがここを利用しているのか見当もつかない。
その後、カンボジアで見る建物で、豪華、立派なものは大抵、カジノだったりする。
カンボジアにカジノがあることは、この時まで知らなかった。外貨獲得の為だろうが、こういう浅はかな政策を行うカンボジア政府に少々がっかりした。
ギャンブルってのはね、貧乏人のなけなしの小銭を搾り取るビジネスなんだよ。分かっているのかな?カンボジア君。

貧乏人でなけなしの小銭で旅をしている小生は、興味津々だが、ここは我慢でカジノを素通りして、カンボジア入管へ向かう。
ここまでの段取りだが、タイ側では、タイの旅行代理店のスタッフが手引きしてくれて、タイ国境を超えると、今度はカンボジア側のスタッフが引き継いで手引きしてくれる。中々、チームワークが取れていて旅行代理店に任せて本当に良かったわ。
これが単独国境越えだったら、こうもすんなり行かなかったと思う。

ここまでは、特に困ることもなく、迷うこともなく、悪名高いカンボジア入管に到着した。
タイ国境からカンボジア入管まで300mぐらいの距離を歩く。
何かと評判の良くないカンボジア入管(賄賂を要求されることもあるらしい)だが、何事もなかったね。
極々普通。どこの国とも違わない普通の入管業務だったね。
偶々、運が良かっただけかもしれないけどね。ともかく、これで無事、カンボジア入国完了!

そうそう、一つ書き忘れてはいけないことがあった。
カンボジア側に入って早々、カンボジアの洗礼を受ける。
パタヤの旅行代理店で、シェリムアップ行きのバス・チケットを購入したにも関わらず、カンボジア側のガイドは、別のミニバスに乗り換えることを頻りに進める。
理由は、一般バスは、途中、何度も停車するので3時間、4時間も掛る。その点、専用ミニバスは2時間半でシェムリアップに到着するというのだ。
話が違うじゃないかと、最初は抵抗したが、カンボジア側の余りの雰囲気の悪さと、一般バスでトコトコ向かうのは体力的にも安全性にも不安を持ち始めていたので、追加300バーツを支払って、直行ミニバスに乗り換えた。
結果は、まあまあいい選択だったと思う。
他の外国人旅行者も皆、同じ選択をしていたようだから、この方法がもっとも安全、かつ、スピーディにシェムリアップに行く方法だと思った。

06IMG_9534.jpg

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。