アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
パムの故郷(2009年タイ旅行記)
ウドンターニ-からノンカーイに向かう筈だったが、バスに乗っていたらパムが突然、おトイレに行きたくなり、途中で降りることになった。
降りたところは、パムの故郷、Phenへ向かう道の交差路だった。
何かしら陰謀的匂いも無きにしも非ずだが、Mr.ノープラン君は、深いことは考えず、全て成り行きまかせでここまで来たので、これも何かの縁だろうと思い、ノンカーイ行きを取りやめて、パムの故郷に向かうことにした。

「地球の歩き方」に添付されているタイ全国地図には、ウドンターニ-とノンカーイの丁度中間当たりにPhenという地名が書かれている。
観光情報は、一切なし。
遂に、「地球の歩き方」にも紹介されていない町にまで進出することになった。
もちろん、パムのサポートのお陰です。

Phenへと続く道の入口から乗り合いバスに乗り、まず、パムの家に向う。
そこから、パムのお父さんが運転するトゥクトゥクでPhen町内のバンガローへ向かった。パムの家からPhenのバンガローまで15分ぐらい掛る。
パムの家族については、次回、詳しく紹介する。

Phenという町がどんな町か・・・若しかしたら、この町を紹介するのは、日本では僕が初めてかも知れない。普通、こんな町に来ないもんね。
だが、こんな町にもファランはいる。恐るべしファラン。

01IMG_0866.jpg

02IMG_0874.jpg
もう、長閑、長閑、なーにも無いよ。
メインストリートの両側に商店、食堂がぽつりぽつり、小さなマーケットが一つ、あと、警察署や役場、学校があるだけ。
タイに来て、初めてセブン・イレブンの無い町に来た。
でも、携帯は繋がるよ。
インターネット・カフェもある。
今まで、僕が訪れたどんな町より小さいけど、一応、一通り揃っている感じ。
あ、ビアバーが無いか。でも、ローカル・カラオケ屋はあった。
それと、観光地じゃない、一般の人々が暮らす街だから、バイタクもトゥクトゥク屋もいません。
例の、”トゥクトゥク”、”オンナ”、”マッサージ”の声も掛かりません。
ここの住人は皆、自分のバイク、車を持っているので必要ないんですね。
要は、バイタクやトゥクトゥクに頼っては生活できない町なんですね。

日本を離れて2か月半、遂に、タイの超ローカルな町にまで来てしまった。
ほんと、随分、遠くまで来たもんだよ。我ながら感心した。
それにパムがいるから心細くない。一人ぼっちじゃなかった。
(どこに行くにせよ、いつも一人ぼっちだったなぁ・・・)

03IMG_0858.jpg
Phenのお宿は、何とかバンガロー(名前があるかどうかも不明)

Phenのバンガロー:300バーツ/1泊(TV、A/C、水シャワー)

内容は、書くまでもなくただの小屋です。これで300バーツは、ボリ過ぎというよりは、町唯一の宿だから交渉の余地はありません。
まぁ、これを読んだ人が、この町を訪れるとは思えないので、どんな町にも泊まるところはあるとだけ分かってもらえばいいでしょう。

街灯もなく、周りは田畑なので、もし晴れていたら夜は満天の星空だろうなぁと期待していたが、残念なことに雨になりました。
晴れていたらきっと凄いことになっていたでしょう。(この旅の終わりまでには、星空が見たいわ・・・)

04IMG_0869.jpg

05IMG_0870.jpg
何もない町だけど、食べるところはちゃんとある。
(失礼だよね、僕の実家の町になるかもしれないのに)
ここで食べたヌードル・スープが、間違いなく、今までタイ全土で食べてきたヌードル・スープの中で一番美味しかった。
いやマジで、本当に美味しかった。
素朴な味だけど、一つ一つの素材の味がしっかり出ていて、食べ切ってしまうのが悲しくなるくらいの美味しさだった。
次の日の朝食にパッタイを食べたけど、こちらもNo1だった。
なんだろう、この町は・・・何もないけど、美味いものはある。
でも、タイは凄いね。
日本のしょぼくれた田舎町のしょぼくれた食道では、たいていしょぼくれた定食ぐらいしかないのに、こんな町でも、このグルメ舌を唸らせる絶品料理が出てくるんだから、やはりタイは奥深い。

町の人たちも純朴そのものでね、日本人を見るのは初めての人もいるんじゃないかな?
見つめると、恥ずかしそうに微笑むだよね。
パタヤのウォーキング・ストリートじゃお目にかかれない、営業抜きの正真正銘タイ・スマイルだよ。

”コリア?”って聞かれた時は、ちょっとショックだった。
扁平面したアジア人と云ったら日本人が相場だと思っていたら、この辺りでは、韓国人の方がポピュラーなのか?
ますます、日本の存在感がタイから失われつつあることを実感する。
4、5年後には、日本人は、皆、”アンニョンハセヨ”って声を掛けられるようになるかもね。

06IMG_0853.jpg
(次回の予告画像・・・次回は、衝撃画像のオンパレードです)

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。