アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
緑の海に浮かぶ町・ビエンチャン(2009年ラオス旅行記)
ビエンチャンは、社会主義国ラオスの首都なんだけど、人口僅か20万人だから、日本の地方の県庁所在地より遥かに少ない。
街全体に首都の賑やかさ、忙しさを微塵も感じさせない、信じられないほどのんびりした街です。

人も少なければ、走っている車も少ないし、クラクション音も聞こえないし、平日でも日曜の東京のオフィス街のように静かだ。
但し、国境では、のんびりしていたトゥクトゥク・ドライバーも、ビエンチャンでは少々品が落ちる。
例の”トゥクトゥク、オンナ、レディー、マリファナ”がここでも聞かれたのには、かなりがっかりした。
頼むからトゥクトゥクの運ちゃんたちよ。自国の女を利用して商売をするなかれ。
あんたたちが女、子どもを守らないと、ラオスのような貧しい国の弱き者は、誰が守るというのだ。
何れアジアの国々の売春事情については詳しく書く積りだが、今だ長閑に見えるラオスでも、風俗関係の自由主義経済化は密かに進行しているようだ。

02IMG_1102.jpg

03IMG_1156.jpg
街一番の目抜き通りに建つ、公営デパート。
品揃えも中の様子も社会主義国の雰囲気全くなしの、タイの田舎のデパートといった感じです。
公営デパートなのに、立派に海賊版のCDやDVDを扱っているお店も数軒あるのは如何なものか、まぁ、大目に見ましょう。
まだ、ラオスは始まったばかりですから。
それとここには、タイと全く同じシステムのフード・コートはあります。
伝統的なラオス・フードからヨーロピアン・フードまで、ここに来れば、たいていの人の口に合う料理に出会えるはず。
値段も安く、美味しく、清潔なので、屋台食が厳しい人にはお勧めです。

04IMG_1158.jpg
ラオスのぶっかけ飯;15,000キップ

トレーに盛られた、数種類の総菜から3、4つ選んでご飯にぶっかける、シンプルだけど、味も量も大満足なラオス飯。
いろんな味が混ざり合って、かなり美味しく仕上がっています。(選び方によっては、ミスマッチが発生しますのでご注意を)
ラオス料理については、後ほど詳しく紹介しますが、素朴な、原始的なタイ料理という感想です。
料理の種類もタイ料理に似ています。全く同じ物あったりします。
国境を接しているだけに似ているのは、当たり前だとしても、全く同じというわけではありません。
決定的に違うところは、ラオス料理では、味の素を使っていないこと。
誤解を恐れずに書けば、味に深み、旨味が足りない。良く云えば、素材の味がそのまま料理の味になっている。
そしてラオス料理に対し、味の深みを感じないとしたら、それは、如何に自分の下が味の素に侵されている証拠だと思う。
(それは、僕です・・・舌が完全に味の素モードになっています)
だから、時々、”なんじゃこれは!?味が薄い!”と感じる料理に出会うときがありました。
皆さんも是非、同じ料理を、例えばラープ(Laap)という代表的なラオス料理が一番分かりやすいかな?いろんなお店で食べ比べると分かると思います。
店によってこれほど印象が変わる料理は珍しかった。

ビエンチャイの見どころはというと・・・余りないなぁ・・・
ただの首都ですから、そんなあぁ!とか、えぇ!とか唸るようなものは僕にはありません。

メコン川の雄大な流れと、ここからの眺めがぐっと来ました

05IMG_1122.jpg

06IMG_1133.jpg

07IMG_1134.jpg
「杜の都」仙台もちょっと敵わないくらいの森の豊かさ、緑の深さよ。
木々の間から屋根がちょこんちょこんと見え隠れして、緑の海に浮かぶ船のようだ。
まだ開発が進んでいないから、と云ってしまえば詮無い事だが、この緑の美しさ、豊かさ、深さは、開発の遅れだけではなく、この国の人々の自然との距離の近さだと思いたい。
できることなら、どんなに経済発展が進んでも、味気ないコンクリートのビルが乱立する町になって欲しくない。
ビルが建つには数か月だけど、一本の木が大木になるには数十年は掛る
今まさに経済発展を試みている最中のラオスだけど、慎重に大事に発展してもらいたい。
中途半端に滞在したよそ者の意見だけど、心からそう願う。

05IMG_1082.jpg
最後にメコン川に沈む夕日の美しいこと、他に例えようがない。
これは本当に凄かった。僕はこの夕日を世界遺産にしたい。
これが見れただけでも、正直、ラオスの旅は大成功だと思ってもいいくらいだったが、この後、世界遺産どころ宇宙遺産クラスのオンパレードには完全に参ってしまった。

一生において一回だけの旅。
我が人生の総決算に相応しい旅が始まった。

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。