アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
さよならラオス(2009年ラオス旅行記)
ラオスの旅の注意点

特にないなぁ・・・じゃ、この章は、これで終わってしまうので、まずは治安情報から。

ルアン・パバーンで出会った先生は、ビエンチャンで、ラオス名物の薬草サウナに入っている時、ロッカーに入れていた財布から現金(200ドルだったか、300ドルだったか)を抜かれたそうです。
気づいたのがホテルに戻ってからなので、後の祭り、泣寝入となってしまったが、まぁ、どんなに素晴らしい国でも、ある一定数は、品性下劣な人がいるわけで、ラオスも例外ではないので、貴重品の管理は、徹底しましょう。
こういう情報を書くと、やっぱりアジアは危険だ!と極論付ける人が現れると困るからはっきり書くけど、日本と同じくらい安全です。言い換えれば、日本と同じくらい危険ですとも云える。
僕からすると日本の方が余程危険に思える。特に、酔っ払いが怖い。
普通の人が一番怖かったりする。その点、アジアの場合、ここは危険ですよと、ガイドブックに書いてあるような場所に行ったり、非合法な行為(風俗、ドラッグ)をしなければまず、危険な目にあることはないと思う。
危険と安全の境目が割とはっきり分かるのがアジアだと思う。

ビエンチャイの、ナンプ噴水広場には、夜9時ぐらいから娼婦が立っているので、ご利用される方は、自己責任で利用してください。
ラオスのような社会主義国で豊かな国でも、娼婦がいるという現実に、この国の未来に暗澹たる思いがする。
この国で娼婦になるということは、余程の事情があるに違いない。通りすがりの旅人に見えない深い闇がこの国にもあるんだろうね。

食事・物価
ラオスの物価が、思っていた以上に安くなかった。ルアン・パバーンに行くバスで一緒だった、マレーシア在住のイラン人も同じことを云っていた。
為替レートが、1ドル=8,500Kが相場で、10,000Kというか、115円ぐらいになるのかな?
タイなら100円以下で食べれる定食は幾らでもあるが、ラオスでは、10,000K以下で食べれる物は殆どなかったんじゃないかな。
タイで25~30バーツのぶっかけ飯も15,000Kだからタイより高いことになる。
序に、ここもドルが流通していて、ドル払いとなると、1ドル=10,000Kに換算されることがあって、それもあってさらに割高感が増す。

07IMG_1088.jpg
たいして美味くもない冷えた揚げ春巻きが25,000Kだから、ふざけるなと云いたい。
ビエンチャンのメコン川沿いの屋台村は、雰囲気だけ一著前だが、味も値段も大したことない。第一、蚊が多くて食べるどころじゃなかったわ。

料理の味は、以前も書いたが、味の素を使っていない素朴なタイ料理といった感じ。初めて食べた時は、味が薄いと思って、余り美味しいと感じなかったが、食べ慣れていくにつれて、素材本来の味を楽しめるようになった。

ラオスで一番気に入った料理は、LAKUとかラークと云う、ピリ辛のひき肉料理で、これをもち米と一緒に食べる。
スプーンとフォークを使って上品に食べるのも結構だが、ここは郷に従い、手でご飯を一掴みし、ひき肉を装って食べるのが一番だ。
これとビールがあれば、他はいりません。
ビールは、もちろん、ラオスを代表するブランドのビアラオ。しっかりとビール本来の苦味と濃くがあって上手い。
自分としては、アジアで一番気に入ったビール銘柄かもしれない。

13IMG_1404.jpg
北タイ料理でも有名なカオ・ソーイ。肉みそ風味のライス・ヌードルといった感じでしょうか。
1杯、15,000Kで、ルアン・パバーンのツーリストインフォメーションがある傍の路地の屋台で食べました。
チェンマイでもこれが名物だったけど、食べる機会を逸していたので、ラオスで初体験したが、これが劇ウマ、完全に撃沈したね。
タイの東北部でもそうだったが、ラオスでも生ライス・ヌードルを使う料理が多い。
ヌルっとした食感が特徴だが、歯ごたえはある。

14IMG_1398.jpg
庶民の味、串焼き屋台。
ただ、市場で蝙蝠(こうもり)を束で売っているのを見てしまったので、それ以来、手が出なくなってしまった。しかも、原型を留めている焼き鳥が多いのも、少々苦手だったりする。

タバコを吸う人は、注目してください。そうじゃない人は読み飛ばしてください。
ラオスのタバコ(特にマルボロ)には、偽物が混じっています。
外見で判断するには、ラオス語、または、英語で、”タバコの吸い過ぎには注意・・・”みたいな注意書きが書かれてあるか、ラオス政府の検品証みたいなシールが貼られてあるのが本物です。
それがないのは、ほぼ偽物と思って差し支えありません。
一口吸えば一目瞭然で、全く味が違います。一昔前の日本の”わかば”とか”ゴールデンバッド”ような味がします。
売店のタバコ売りのコーナーにそれらが何知らぬ顔で、普通に並んで置いてあるので、注意して選んで買った方がいいです。
値段は、17,000K~20,000K です。

インターネット事情は、かなり悪いです。どこかのインターネットカフェで、下りが1M、上りが64Kとか書いてあったから、凡そ、日本の14、5年前くらいの状況だと思う。もちろん、アジア諸国では最もネット環境が遅れている。
Wifiの利用状況は、ビエンチャンでルアン・パバーンでも、無料Wifiを提供しているカフェは非常に少ない。大抵が有料で、かつ、よく回線ダウンするのでストレスも多い。
ビエンチャンのゲストハウス、ラオ・ユース・ゲストハウスの向い側にあるレストランでは、珍しく無料WiFiサービスを提供している。そこで一度食事して、Wifiのネットワークキーを教えてもらったら、後は、ラオ・ユース・ゲストハウスからも接続できるので、部屋でゆっくりネットサーフィンできちゃったりします。
(但し、部屋の位置に依っては、電波が届かない部屋もあるかもしれないので注意)

15IMG_1375.jpg

16IMG_1384.jpg
ラオスの子供たちが最高に良かったな。
まず、元気なの。
急流のメコン川なんて諸ともせずに飛び込んで泳ぎまくっている。
日本じゃ、川で泳ぐなんてもっての外で、子供たちだけで近づくことさえ許されない雰囲気があるけど、どうでしょう。
どっちの子供が幸せかな?
この子たちは、きっとどんなことがあっても生きていけるでしょう。日本の子供たちは、生きているといよりは、生かされているという感じかな。

それと感心したのが、一人として物を強請る子がいない。
それだけこの国が豊である証拠だと思う。
やっぱり、テレビゲームや携帯電話やPCやインターネットがなくても、子供が外で元気に遊びまわる国が一番いい国だと思う。

今まで旅した国の中では、インドに次いで印象深い国だったよ。
人々は優しく、フレンドリーで、観光客と見りゃボったくる腹積もりでこちらを窺う連中は殆どいなくて、売る気があるのかないのか全く感じない呑気な人達ばかり。
こっちが気を使って、欲しくもない物を買ったりもした。
こんな経験もラオスが初めてだろう。

インドのような深い哲学があるわけでもないのに、今の自分の状況や日本について考えさせられた。
自然とは、豊かさとは、幸せとは、生きると云うことは・・・いろんなこと考えされらた。

ベトナムやタイみたいにならずに、いつまでも今の健やかさのまで、発展していって欲しい。
次に訪れるのは・・・100年後かな?

その日まで、さよならラオス。


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。