アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ポセイドン・アドベンチャー
ヤッホー!超ハイ・テンションです。
だって、先日、約2年ぶりにバンコクに遊びに行ったからです!
ウッヒョー!

2年間、地図にも載っていない田舎村に引き籠っていた男にとって、”バンコク”というこの甘い響きにどれだけココロと股間が揺れ動いたことか!
超、超、久々だから、いろいろやりたいこと、やりたいこと、ヤリタイことてんこ盛りで、早速、インターネットや”2年前の”Gダイアリー”で緻密に情報を収集し、いざ本番に向かう!
と、いろいろと妄想が爆走状態だったのですが、やはり、妄想は、所詮、妄想。
全ては幻想に終わりました。

何故なら、彼女同伴だから・・・・(泣くしかない)

冷静に戻って、普通にブログ書こう。

今回、2年ぶりにバンコクを訪問したのは、深い、深ーーーい理由があるのです。(そうでもないか)

また、いきなり告白ですが、実は、彼女、双子なんです。
彼女には、双子の姉がいるのですが、声、姿、全くクローン人間のお姉さんです。
実は・・・そのお姉さんは、風俗嬢なんです。
彼女も元ビアバー嬢でしたら、双子の姉は、マッサージパーラーなんですわ。

健全な当ブログ読者の方には、”マッサージパーラー”と聞いてもピンともスンとも来ないと思うので、
未だマッサージパーラー未経験の(本当です)小生が説明すると、
マッサージパーラーとは、ソープランドの事です。
以上、終わり。

もう、これ以上も、これ以下の説明もなく、ずばりソープランドなんですね。
つまり、マッサージパーラー(MP)嬢とは、ソープ嬢のこと。
私の身内が、現役ソープ嬢というわけですわな。

そのお姉さんが、今のお店を辞めて、他のお店に移りたい。
しかし、面接に一人で行くのが怖いから、妹に一緒に面接につきあって欲しい。
ついでに、私にいろいろと日本人に人気があるマッサージパーラーの情報を教えて欲しい。

というわけで、彼女と二人で、お姉さんに合うために2年ぶりにバンコクまで出張って行ったというわけです。

今回、そのお姉さんの風俗店面接戦記をお届けします。

その前に、真面目な情報もお届けしないと、完全にアジアエロ情報サイトだと誤解されかねないので、最新のバンコク情報をとりあえずご紹介します。

まず、物価。いや~びっくり。
田舎でも今年の4月以降、最低賃金400バーツ(1日)に引き上げられてから、ニョキニョキと物価が上がっていたけど、バンコクの物価上昇は、半端でない。
殆どのサービス、商品が、10バーツから20バーツはアップした感じがするくらい。
財布からお金がマシンガンの弾丸のように飛び出していく。
それでも、最低賃金が適用されるのは、株式会社だけ、ビアバー嬢、風俗嬢は、今までどおりの歩合制で、かつ、料金もお客との交渉制だから、実質、収入が下がった人も多いはず。
今のタイに最低賃金のアップは、必要なことだとは思うけど、全ての人が、納得、幸福になるシステムは中々作れないもんだと悲観的になる。

ホテル事情
ホテル代も当然UP、UP。
2年前は、バンコクの中心部でも1泊350バーツ(AC、TV、冷蔵庫付き)がゴロゴロあったけど、今回、いろいろ探してみると、最低でも450バーツ、600バーツ、700バーツが標準的なくらい、安ホテルが少なくなってきた。
ただ、今回は、ラッキーにも1泊370バーツのホテルを発見。そこにチェックイン。

DSCN3973.jpg
詳しい場所は、教えない。
MTR(地下鉄)のホイ・クワーン駅とスティサン駅の間ぐらいにあります。

因み、このゲストハウスの近くにあるThai RC Hotel は、一見してエロエロな雰囲気プンプンのホテルです。
彼女のお姉さんがここのレストランでウェイトレスとして働いたことがあって、その情報を加味して超穴場劇裏情報をご紹介すると、このホテル、専ら中国人、タイ人御用達で、マッサージパーラー、カラオケクラブが併設されいます。在籍女性は、タイ人、中国人、ラオス人、カンボジア人の多国籍軍で、このホテルの前を通った時、恐らく、MPかカラオケ店在籍の女性2人がとすれ違ってのですが、中々可愛いかったです。
言葉の難(恐らく英語、日本語もダメだと思う)はあると思うけど、ちょっとディープな穴場”置き屋”ホテルのようです。

ちょっとエロ情報を交えながら、普通の話に戻すと、
タイ初心者やまだ数回程度だと、安宿と云ったらカオサンロードになりますが、
はっきりって、ゴミみたいに安い宿はあるけど、煩いし、食い物は高いし、交通の便も悪いし、一体に、何が悲しくて、旅人は、カオサンを目指すのかさっぱり分かりません。

BTS(スカイトレイン)やMTRの沿線で、バンコク中心部の商業地からちょっと(ほんの4、5駅)離れただけで、”駅近”、”けっこう新しい”、”安い”ホテルがゴロゴロしています。
そういうホテルの見つけ方は、駅を降りたら、大抵、その当たりに”バイタク”が常駐しています。
彼らに、”安くて、いいホテル知っている?(勿論、タイ語か英語)”と聞くと、ちゃんと連れて行ってくれます。
なんか、ボッタくられるか。変な所に連れて行かれるか心配しているあなた。
100%ないと断言します。
彼らは、観光地にたむろしている不良タクシー、トゥクトゥク屋とは違います。
地域密着、生活者向けのバイタク屋です。
たまにやってくる外国人観光客をカモにしてトラブルになるよりは、さっさと運んで、次の客を乗せた方が余程効率的、収入もいいのです。
全く心配せずに利用して大丈夫です。

そういう意味で、私は、BTR(地下鉄)ホイ・クワーン、スティッサン、ラチャダーピセーク駅界隈をお勧めします。
なんと言っても交通の便がいい。
タクシーを利用しても、まず、ボッタくりはいません。
因みに、ホイ・クワーン駅あたりから、スクンビットのナナのビアバー、ゴーゴーバー街まで、タクシーで85バーツ。
一人で移動する場合は、BTS,MTRが絶対に安い、2以上ならタクシーがお得です。3人なら絶対にタクシーの方が便利、涼しい、安いの3拍子揃っています。

と、ここまでは、エロ無し、真面目最新バンコク情報でした。

ここからは、18禁(でもないか)、エロ情報満載の最新バンコク情報でーーーす!
しかし、いきなり本題は、書かないよ~
ちょっと引っ張るよ~
そんで、この写真でも拝んでくれ~
DSCN3965_.jpg
この建物の外観を見ただけで、ピンともチンとも来る方は、相当なバンコク通、若しくは、おバカさん。

そうです、これが、全ての日本人エロ男たちの聖地にあらず、性地にして、人気マッサージパーラー店の・・・

ポ、ポ、ポ、ポセイドンです。

そのポセイドン面接編は、次回まで、お・あ・ず・け❤
(バカだなねぇ・・・俺)


スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。