アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
強きもの汝の名は・・・
ハローカオサン
カオサンロード

カオサンロードは、アジア最大、いや、世界最大とも言われる安宿街だ。

カオサンロードのゲストハウス

長さにして500mぐらいの通りだろうか。

道の両脇はどれもこれも安宿、ゲストハウスでびっしりである。

カオサンロード

通りに面した1階は、バックパッカー向けのサービスを生業とするお店がたくさんある。

飲食店、洋服屋、雑貨屋、旅行代理店

旅に必要な物資も情報もすべて手に入る。

僕がここに来たのも情報収集、及び、インターネットで日本にアクセスするためである。

因みに、バンコク市内の至るところにインターネットカフェがあるにかも関わらず、わざわざカオサンロードまでインターネットをやりに来たのかというと、日本語が使えるPCはカオサンロードに行かなくてはないと思い込んでいたから。

後から分かったことだが、タイの観光地にあるインターネットカフェのPCは、殆どマルチランゲージ対応になっていて、普通に日本語が使える。

それを知っていたとしても、やはりカオサンロードに行っただろう。

ここ自体、観光地というわけではないが、アジアを旅する人にとっての原点のような場所を一度見ておくのも勉強の一環と思った。

適当な、よさそうなインターネット・カフェを探していると、向こうから、少々くたびれた日本人と思われる女性が僕に向かって歩いてきた。

”こんにちは”(彼女)

不意に、日本語で話しかけられてびっくりした。

分かっていても、外国で日本語で話しかけられるとびっくりするもんだ。

彼女の話は、カオサンのどこかに安くて良いゲストハウスを知らないか?ということだった。

僕の風貌が、カオサンのベテラン・バックパッカーにでも見えたんだろうか??
※この時の僕は、口ひげを蓄えて野生児のような風貌である

”じつは、カオサンは始めてで、よく分からないんだ、でも確か、近くに日本人御用達の有名なゲストハウスがあるからそこで聞いてみたら、誰か良い情報を持っているかもしれないよ”

僕は、そう伝えて、頭の中にインプットされてあった、そのゲストハウスまで連れて行くことになった。

そのゲストハウスまで道のり、短い時間だったけど、ひさびさに日本語で話せる喜びを満喫した。。

彼女は、既に数ヶ月も旅をしているということ、

中国から始まり、ラオス、ベトナム、カンボジアを経て、タイにやってきたということ

もう直ぐ旅が終るということ

しかし、凄い。。女一人で、よくもここまで来たもんだと感心する。

年は20代前半といったところ、化粧けが全くなく、日焼けした素顔に、旅の過酷さと刻み込まれている。

因みになんで部屋を探しているのかというと、今、泊まっているゲストハウスは、120B/1泊で虫が酷いから移りたいだそうだ。

1拍120Bって・・・幾ら安宿街のカオサンロードでも相当安いよ。

その値段なら虫がでるくらい仕方が無いだろうと思ったけど、彼女はさらに強烈で、1泊80Bの宿を探していた。

おいおい、、、その値段じゃ、虫と一緒にベッドインだな。。

と思いながらも、彼女のタフさに感心した。

女が強いのか、彼女が強いのか、、、

それとも僕がただ弱っちぃだけなのか・・・

恐らく最後のが正解○

彼女をそのゲストハウスに送り届けて、本来の目的であるインターネットカフェで情報収集

10B/15分

日本の光ブロードバンドのようにサクサクとは行かないが、メールのやり取りぐらいなら特に問題はない。

ついでに、タイパンツを購入:160B

部屋着に調度いい。

カオサンからの帰りもメータータクシーを利用することにした。

帰りは、ファランポーン駅までした。

カオサン-ファランポーン駅間:47B

僕は、50Bを渡してお釣りは受け取らなかった。

この頃から、タイの買い物のルールが身についてきた感じがする。

小額のお釣りは、タンブン(得度)であり、チップでもある。

たった3Bだけのことだが、自分も成長した気がしたし、何となく気分が良くなった。

たぶん、タクシーの運ちゃんも同じだろう

自分が観光客から旅人になってきたような感じがしてきた・・錯覚かな?


FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂けましたら、どうか一押しをお願いします

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。