アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ポセイドン・アドベンチャー2
いい映画だったよね。
ジーン・ハックマンが、神のご加護と人間の無力さに葛藤しながら、運命に抗うパニックムービーの傑作です。
こちらポセイドンも、或る意味、沈没します。
泡風呂にね・・・・

彼女のお姉さんと僕と彼女と3人で、タクシーでポセイドンに向かう。

タイの生活習慣で、タクシーとバイタクは欠かせない。
日本なら歩いて行ける距離でもバイタク、場合によっては(今回のように3人乗車)タクシーを利用する。
お姉さんのアパートメントからポセイドンまで歩けば10分掛からないくらいの距離。
部屋からポセイドンのビルが見えるくらいの距離だけどタクシーを利用する。
日本人には、ちょっと理解できないかもしれないけど、タイに住むと分かるのよ。

理由は、暑くて歩けません

僕も始めてタイに訪れた時は、面白がってスクンビット通りを延々と歩いたことがあるけど、
今では、もうすっかりタイ化(退化)し歩いて5分以上の場所は、100%バイタクです。料金は、そのくらいの距離を利用して15バーツです。

その前に延々と作戦会議をして、日本人に人気のマッサージパーラー店を”ポセイドン”と”ナタリー”に絞る。
お姉さんの事前情報では、どうも”ナタリー”は、ママさん(マネージャー)が厳しい、良くないという噂があるということ、面接先をポセイドンに決定。

ポセイドン前にタクシーが到着し、さて、これからどうするかと思案すると、
二人が、僕に中の様子をまずは、覗いて来いと言う。
僕は、”えー、マッサージパーラー入ったことないし(ウソ)、利用したことないし(これは本当)、モジモジしていると、彼女が、”いいよ、やってきていいから、中の様子を見て来い”と云うではないか。

やってもいいから

おぉ、遂に、男のディズニーランド、マッサージパーラーに、彼女公認で”泡姫”デビュー!

んなわけない。
彼女とお姉さんを待たせたまま、一人だけ、泡姫とチョメチョメできるわけない。
そんなこんなで取りあえず中の様子を見てくるだけで、初のバンコクマッサージパーラーに潜入する。

入口に立つと、ドアボーイがドアを開けてくれる。
正面には、立派ならせん階段があり、2階に上がると、そこは・・・・

”タマダー”

タマダーというのは、タイ語で”普通”を意味する。
別にマッサージパーラーに限らず、それこそ普通に使われるタイ語です。

ここでワンポイント・マッサージパーラー講座
(こう云うの要りません)

中級、高級なマッサージパーラーは、
主に女性の容姿、年齢、人気などを考慮してランク付けし、ランクに応じて、料金が異なります。
(ねぇ、ねぇ、パパ、なんの料金?

例えば、Aランクが最高級、Bランク、Cランクが最低(若しくは、普通)だとすると、

Aランク:4,000バーツ
Bランク:3,000バーツ
Cランク:2,000バーツ

と云った具合に、料金設定されているんですね。
料金設定は、お店よって事なり、超高級店だと5,000、6,000バーツもあるとか
(パパ、だからなんの料金なの?)

ポセイドンの場合、2階がタマダー(B、Cクラス)で、3階がAクラスになっています。

あっと、ここで書き忘れましたが、マッサージパーラーには、通称”ひな壇”と呼ばれる、
在籍女性が一覧できるシートがあって、お客は、そのひな壇を眺めながら、
気に行った泡姫がいたら、指名して、女の子と一緒にお部屋でアレでんがな。
(パパ、アレってなに、私、分かんない)

チョメチョメするんですね。
(パパ!チョメチョメって何じゃ!)

ポセイドンの2階の様子は、と云うと、日本人が数人、ひな壇のお嬢様たちの鮮度は、というと・・・

ワシ的には、ちょっと厳しい

さすが”タマダー”なだけに、ちょっとお年を召した泡姫がチラホラ。
雰囲気は、かなり寒いかな・・・珍しくファラン(欧米人)の若者がいた。
タイ人も中国人もいない。

まぁ、これは、タマダーだから、上には上があるので、3階に上がる。
3階は、2階の”お通夜”のような状態とは打って変わり、平日の月曜だというのに、どこもかしこも

日本人だらけ

おぉ、やっぱり、日本人に人気のマッサージパーラー伝説は、本物だった。
しかしねぇ、平日の月曜日から…この人たちは。。。元気だね!
(ワシもうかなり元気喪失状態・・・)

さて、肝心のAランクのひな壇の状態はというと・・・・

うーーーん、もうちょっとかな?ワシの好みおらんわ。
(お前、何か間違っていないか?お前は彼女のお姉さんの就職ための下見であって、お前の好み泡姫探しではない)
若しかしたら、可愛い泡姫たちは、既にお客とお仕事中かもしれない。
ただ、確かに、全体的に日本人好みのタイレディーが多い。

今晩のお相手を物色中の日本人に声を掛けて、情報収集する。

その人は、昨日はナタリーで、今夜は、ポセイドンでハッスル予定の旅行者で、
僕は、マッサージパーラー初心者という(これは本当です!)ことで、どんな風に遊ぶのか聞いてみたら、
大体、本で読んだ通りで、マッサージとは名ばかりで、
浴槽にお湯が溜まるまで、ちょこっとマッサージの真似ごとをやって、
後は、湯船でイチャイチャ、マットがあれば、マットプレイ、そしてその後は・・・・

18禁

もし、この日がお姉さんの就職面接でなかった・・・
ワシだって、チョメチョメしたい。

堪え切れないリビドーを抑えて、店を出て、
ちょっと離れた場所で待機中の二人に見てきたこと、聞いたことを話す。
お姉さんが、”わたし、マットプレイできない。やったことないと”と云って、気後れしている。
僕が、”そんなの適当だろ、全然、大丈夫だって”
※私、本当に経験ありません

暫くグズグズした後、意を決して2人で、面接を受けるため店の中に入っていった。

ん?
2人で?

何で、お前(彼女)も行くのじゃ

彼女曰く、お姉ちゃん一人で面接できねぇだろ!

何だか嫌な予感がする。そして、それは的中する。

ポセイドン面接大作戦は、第2部へ続く


DSCN3952_1.jpg

近所のマーケットで、洋服を”鬼買い”する”双子のリリーズ



スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。