アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ついに腹に来た
この日は特にどこかに出かける予定も無かった。

唯一の予定と言えば、サッカーのアジア杯の日本×ヴェトナム戦を見るくらいか・・・

早くも日本の日常と変わらない、のべ~とした生活に取り込まれていく

IMG_2421.jpg


タクシーボッタクリ事件(?)以来、専ら移動は公共の乗り物を利用する機会が多くなった。

いかんのう・・・・

このまま冒険心が枯れていくのか・・・

しかし、例えばこのBTS:スカイトラインなんて、ほぼ、10分、15分間隔でほぼ時間通りにやってくる便利な乗り物である。

エアコンもガンガンで快適、気持ちいい。

何より僕が一番、興味をそそられたのは乗っている乗客の人種の多様さである。

印象としては、タイ人の乗客の総数より外国人の乗客の数の方が多いのではないかと思えるくらいだ。

人種、国籍も様々で、

アメリカ人、ドイツ人、日本人、韓国人、インド人、中国人、アラブ人・・・

一つの車両でこれら全部の民族が乗り合わせることだって少なくない。

バンコクは、東京より遥かに国際都市である思いが強くなった。

アメリカ人、韓国人なら東京でも普通にお目にかかれるが、

アラブ人となると僕は若しかして始めて”遭遇”したかも知れない。

と言うのも、駅でBTSを待っているとき、アラブ人の家族からファランポーン駅への行き方を聞かれたのだ。

僕がタイ人に見えたのだろうか?東洋人はみな同じに見えるのだろうか?

僕は、得意げにBTSと地下鉄の乗り換え駅を説明し、ちょっぴり誇らしげ。

”どこから来たのですか”(僕)
”アルジェリアだよ”(家族の父親らしき人)

夫婦と子供3人とその夫婦のどちらかの母親らしき女性の家族です。

奥様とお子さんのうち女の子は、イスラム特有の真っ黒がショールに全身を包んでいる。

この日の気温は、軽く30度オーバー

”暑くないですか?”(もっともな質問だ)
”全然、、うちの国では40度もあるから、こっちは涼しいよ”

ありえねぇ&負けました。

エアコン・ガンガンの車内でも汗には不自由しない僕に対し、全身真っ黒でも汗一つかかないアラブ人

世界は広い・・・あらためて実感

プロンポン駅近くのアイリッシュ・バーでサッカー観戦

ビールとフィッシュ&チップ:480B

べらぼうに高い上に、まずい

フィッシュ&チップの不味さも全世界共通なのか・・・

店には我が同胞、日本人も多数いた。

一緒に盛り上がりたくない連中ばかりだったので、とりあえず自分の居場所で一人で盛り上がった。

日本人以外のお客は、我々の存在に気を使ってくれたのが、日本がゴールするたびに一緒に盛り上がる。

そのお陰では全く無いが、試合は圧勝。ヴェトナム相手じゃ当たり前か・・

ここのウェイトレスは英語がペラペラで、欧米人の傍にぴたりとついて駄弁ってばかりで接客がお留守だ。

僕が注文を頼んだら、さっきまで欧米人に向けていた満面の笑顔が消えている。

内心、ふざけるなと思いながら、これもタイ人の姿の一つであると、一人で納得する。

その日はどこにも寄り道せずにまっすぐホテルに戻る。

どうも胃の具合が、、例のアレが始まったみたい。

下痢だ・・

FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂けましたら、どうか一押しをお願いします

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。