アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ファランポーンからスラーターニーへ
バンコク滞在6日目

昨日の下痢は、正露丸である程度収まった。

しかし、この日は一日油断してはならない。

今日は、夜行列車でスラーターニーへ向かい、そこからサムイ島へ入る。

自分の何が情けないと言えば、タイの、アジアのトイレ事情に全く慣れないことだ。

日本の清潔な洋式、水洗トイレに慣れきっている僕にとっては、伝統的なタイのトイレは、その存在の耐えがたき苦痛なのである。

況してや今夜は、約10時間かけての鉄道での移動である。

ホテルにあるようなまともな洋式トイレなど期待できるはずがない。

その上、少々下痢気味とあっては、どうやってトイレを凌げばいいのか考えただけでも憂鬱になる。

IMG_2720_01.jpg

IMG_2987_01.jpg
出発より大分早めにファランポーン駅に到着。車両をエアコン車にアップブレードするためである。
事前に購入していたチケットだが、なんだかえらく料金が安いと感じたので、よーくチケットを見てみたら、A/C無しの2等車だった。

A/C車両へのアップグレード代:290B

IMG_2993_01.jpg
IMG_2995_01.jpg
ファランポーン駅構内は、こんな感じである。駅の周辺には、怪しげな人も居ない事は無いが、駅構内はセキュリティが厳しいのでまず安心である。

広い構内に長椅子が設置されている。

基本的に僧侶、婦女子優先なので、そういう方が傍にいる場合は、率先して譲りましょう

構内の囲むように回りに飲食店、ショップがあるので、ここでお腹を満たしてから列車の旅を楽しんでもいいし、車内販売もあるので食べる物には困らない。

ファランポーン駅には荷物の一時保管サービス(幾らだった忘れたが、大した値段ではない)があるので、早めに来て荷物を預けて、発車時間まで他所でブラブラすることも可能である。

構内アナウンスは、タイ語オンリーなので、少々戸惑った。

自分が乗る列車が定刻通りに運行されるのか、何かトラブルとかないのかさっぱり分からん。

ただ、出発が遅れることはあっても早まることはない。

暫し、バンコクとはお別れである。

いろいろ経験したようでもあり、まだまだ足りないような気もする。

タイ人は人に優しいのか冷たいのかよく分からない。

街にはたくさんの障害者が物乞いとなっている姿をよく見かける。

と同時にその人たちに、施しを与えるタイ人もたくさん見かける。

障害者を物乞いにするタイ人社会を冷たいと見るべきか、

その人にたちに施しを与えることを優しいと見るべきか、

まだ、僕にはどちらが正しいの分からなかった。

たぶん、どちらも正しいタイ人の姿なんだろう。

この旅を続けて行けば、その答えがはっきりするのだろうか・・・

出発時間の18:20まで、いろんなことを考えて時間を潰した。


FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂けましたら、どうか一押しをお願いします

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。