アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
エアポートバスはやっぱり鬼門?
サムイ島からのフライトは快調そのもも。

窓から下を除くと、サムイ島からバンコクに近づくにつれて明らかに海の色が青から茶色に変わっていく。

メコン川、チャオプラヤー川の土色の水で染まっていく。

はぁ・・・急に夢から現実に引き戻されていく実感が海の色だけで分かった。

スワンナプール空港に到着すると、市内に向かうためエアポートバス乗り場に向かった。

また、ここでちょっとしたトラブルになった。

今度はチケットを売ってくれないのだ。

早口の英語で何を言っているのか分からないが、雰囲気からすると、僕が乗るべきバスが既に発着場で待機しているのだが、もう発売時間を過ぎているので次の便まで待てと言うのだ。

次の便は1時間後である。

そのバスが満員で乗れませんというなら分かるが、乗客は疎らで、出発時間まで10分以上もある。

これに乗れない理由が分からない。

僕は、プリーズを連発し、チケット売り場の女の子は規則だからの一点張りだが、結局、上司と思われる女性と相談した上で、渋々売ってくれた。

小さくガッツポーズ。勝った!

って程じゃないけど、事情は兎も角、自分の我がままを押し通した。

しかもノーイングッシュで。

シーロムに戻ると、バンコクでお世話になっている旅行代理店に直行した。

その日のホテルを手配するためである。

最初は、シーロム近辺を探してもらったが、予算(1,600B以内)に見合うホテルがない。

最終的にシーロム近辺は諦めて、ナナのグランドビジネスインを紹介してもらった。

料金は、1,600B/1泊

BTSでナナに向かい、グランドビジネスインに入る。

チェックインしようと思ったら、フロントは、1泊2,000Bと抜かしやがった。

僕は、猛烈に抗議した。さっき、予約した時は、1,600Bと言ってじゃないか!

フロントの言い分は、このホテルは、週末の場合、チャックインする時間によって料金が異なると言う。

まるで日本のラブホテルみたいなシステムじゃないか!(※後から分かったが、そういうホテルに近い)

ここでも粘りに粘ったで、当初予約した時の1,600Bでホテル側が折れてくれた。

今度は大きくガッツポーズ!完全勝利!

自分でもびっくりするくらい強くなったもんだと感慨深い。

何度も何度もボラれれば、強くなるしかないだろ。

ただ、今回の一件は、ホテル側の方が正論だった。

旅行代理店から紹介はされたけど、正式な予約ではなかった。

このホテルはその旅行代理店が扱えるホテルではなく、マージンも得られない。僕が可愛そうに思ったのか、親切にも僕に代わって、ホテルと交渉してくれただけなのだ。

正式な予約ではないので、チャックインする時間によって料金が違うと言われれば、それが正しいことだけ、予算に限りあり身として、かつ、だからと言って安宿で我慢できるほどタイに染まりきっていない身としては譲れない状態だったのだ。

ホテルの皆さん、我がまま言って申し訳ない。。。今度は、ちゃんと予約して泊まるから許して。

そこそこ値段を取るだけあって、部屋の内装は実にいい。

ちゃんとお湯が出るバスタブと洋式トイレがある。これだけ天国だ。

IMG_3223.jpg

窓から外の景色は・・・あまり気持ちいい景色は見られない。

まぁ、ナナじゃしょうがないか・・・

ふと、下を見ると、男が立ち小便をしている。

その男は、用を済ませると、つかつかと歩いて、屋台の厨房に収まった。

・・・・さすが、タイである。

また、タフが旅を続けなければならない。

FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂けましたら、どうか一押しをお願いします

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。