アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
パタヤの夜は終らない
IMG_2461.jpg
真ん中が姉御で右隣のロングヘアーがレック。
姉御の名前は聞き取れない発音なので覚えられなかった。
左側は誰だっけ??ってホント、お前誰やねん

ストリップのお店を出たのが10時か11時過ぎだったと思う。それから、どこに行くべか?と言うことになったが、何となく踊りに行くべ、ということになった。

パタヤのディスコデビューである。

昼間はルート・バス化しているソンテオも夜間はチャータータクシーに変わる。昼間でもソンテオをタクシー代わりに利用することも可能である。

姉御が適当なソンテオを見つけて行き先と料金交渉を行う。

3人で150Bだから1人辺り50Bである。

いきなり料金が5倍になったが、恐らく彼女たちがいたお陰で僕一人だけの時よりは安くなっているのだろう。少なくともサムイ島のメータータクシーよりはマシである。

ソンテオに乗り込み、どこをどう走ったのか分からなかったが、ウォーキングストリートから7,8分ぐらいの繁華街から少し離れた場所にあるローカル向けのディスコに到着した。

入場料は一人200Bだったかな?よく覚えていない。

外国人は、チケット買って入場するが、ローカルは身分証明書を提示しないと入場できない。タイ人は必ずIDカードを携帯している。義務らしい。

中に入ると、まず、その広さにびっくりした。日本のクラブやディスコとは桁違いの規模で、大きな体育館ぐらいの広さはある。

余りにも広いので、客は軽く数百人は入っているのだろうけど、スカスカに見える。そのため盛り上りはイマイチの印象である。

幾つかお立ち台があり、その上では、店で雇われているモデルのような女の子たちが、際どくも無い衣装で、やる気無さそうに踊っている。

外国人の姿は少なく、殆どがローカルの若者たちである。内装の設備や照明、音響は悪くない。

カクテルを3人分注文する:380B

姉御から踊ろうよと誘われるが断った。そもそも踊れない。それなのに何のためにディスコに来たの分からないが、現地の若者たちの生のライフスタイルを見たかった。ただ、それだけだ。なんだかおじさん臭い感想だが、実際、おじさんなんだかしょうがない。

お陰で、じっくりとリアルなタイの若人たちのナイトライフを間近で見ることができた。

だからどうした?・・・・どうにもならん。

特別にハプニングを期待していた訳ではないので、数十分を回りを眺めているだけで出ることにした。
パタヤの初日だし、正直、疲れたので二人を店まで送ってからホテルに戻った。

初日から相当ハードな1日だったが、面白い1日だった。これでは明日も何かあるだろうと期待してまう。

7月24日、朝早くから、と言っても9時過ぎだが、朝食&インターネットを利用するために、パタヤビーチに向かう。

IMG_3243.jpg

IMG_3255.jpg

昨夜の乱痴気騒ぎのウォーキングストリートも昼間はひっそりしている。当たり前か・・・と思っていたら、早くもオープンしているビアバーが何軒かあった。

夜以上にやる気なさげであるが、それでもしっかりファランが一杯引っ掛けている。

こいつら、朝から飲んで、昼も飲んで、夜も飲んで、飲んでばっかだなぁ・・・観光とする気があるんだろうか?

今晩のお持ち帰りのネタ探しにマメにビアバーに通っている。・・・こいつら(ファラン)には勝てんわなぁ

IMG_3248.jpg


かの有名なパタヤビーチを覗いてみると、これまたびっくり。

ハワイのワイキキビーチもテレビで見た風景と現実のギャップにびっくりしたが、パタヤはびっくりを通り越して呆れた。

狭い 汚い

ガイドブックに書いてあったし、サムイ島からバンコクに戻る飛行機から下を除いた時に、薄々気づいてはいたが、海水の汚さは湘南、由比ガ浜といい勝負だ。

南国リゾートの青い海、遠浅のビーチ幻想は、パタヤを以って終了した。元々泳げないから未練はないが、早々にパタヤビーチから退却してホテルに戻った。

FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂けましたら、どうか一押しをお願いします

スポンサーサイト

テーマ:タイ・パタヤ - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。