アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アユタヤの夜の支配者
何度でも書くが、アユタヤは暑い!

高い建物がないので日陰が少ない。風も余り吹かない。雨季なのに余り雨も降らない。
日中の徒歩での移動は生命の危機を感じるほど暑いのだ!

初日は、ホテル周辺をブラブラして、本格的なアユタヤ観光は明日以降に切り替えた。

夕食は、僕が泊まっているアユタヨーゲストハウスの近くのトニーズプレイスというガイドブックにも紹介されている。恐らくアユタヤで1番有名なゲストハウスのレストランを利用した。

IMG_3302.jpg

IMG_3301.jpg

味は、本場タイ風というより、日本でよく食べられる”タイ風”なタイ料理である。
宿泊客の大半が欧米人、レストラン利用者の大半が欧米人では仕方がない。
しかし、店内の雰囲気は実にいい。
如何にも外国人バックパッカーが好みそうなコンセプトのゲストハウス&レストランである。

こっちの方が良かったかなぁ・・・と一瞬思ったが、食事中にひっきりなしにやって来るバックパッカーが悉く満室で撃退されているのを見ると泊まりたくても難しいだろう。

IMG_3311.jpg

IMG_3310.jpg
この近辺にはトニーズプレイスの他に4,5軒はゲストハウスがある。
どこも雰囲気よさそうで、居心地もよさそうである。
まぁ、外から見ただけなので本当のところは何とも言えないが・・・

この辺りは欧米のバックパッカーの集積地のようである。日本人の姿は・・・いない。

ここもアウェイである。日本人よ!お前達はもう海外に興味が無くなったのか?

夜、大分涼しくなったので、コンビニに晩酌セット(お酒+おつまみ)を買うために外をブラブラしてみた。そして、すぐ後悔した。

今まで訪れたバンコク、サムイ島、パタヤは、観光産業が完成していて真夜中でも太陽が昇る不夜城の街だったが、アユタヤは違う。

真っ暗なのだ。

街灯があるのは、街の中心部のみ。ちょっとでも脇に逸れれば頼りになるのは、建物の窓から漏れる灯りだけなんて場所がある。

そして、アユタヤの夜の最大の恐怖は、野良犬なのだ。

バンコクでもパタヤでも野良犬はいる。まだ、彼らは人間と共存しながら野良犬生活を送っているようなもので、人懐っこいし、大抵は大人しいものだ。

しかし、ここアユタヤの野良犬は違う。完全に野生化している。昼間にも野良犬は見かけたが、どの犬も暑さにぐたっりとして寝ているだけで、人畜無害にしか見えなかったが、日が暮れて気温が下がると豹変するのだ。

夜になると彼らは活動を始める。それも一匹ではなく群を成して、まるで狩にでも出かけるかのように集団で行動している。

僕が見た光景は、そんな野良犬の集団同士の、言葉を失うほどの壮絶な喧嘩風景である。いや~言葉にできないね。
一匹の野良犬は身体の至るところを食いちぎられている。こりゃ、助からないだろう・・

僕は彼らに気づかれないように、態々遠回りしてホテルに戻った。

その後、夜、何度か出かけたが、犬に追いかけられて、必死に自転車を漕いで逃げたこともあった。
本当に怖い。アユタヤの夜の野良犬たちは。

アユタヤの夜は完全に彼らが支配しているのだ。くれぐれも夜の外出は気をつけてくれなはれ。

FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂けましたら、どうか一押しをお願いします

スポンサーサイト

テーマ:タイ - ジャンル:旅行

私も今アユタヤにいるのですが、フレンドリーな顔をした犬が唸りながらダッシュしてきたので、自転車全力で逃げました
2014/06/05(木) 00:50:31 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。