アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記

英語ダメ、汚いのダメ、小心者でメタボな不惑の男のインド、タイ、バリ島旅行記。汗と涙と牛と牛のウンコと下痢との戦いの記録。怒涛の一人ボケと突っ込みの嵐

◆ ブログ内検索

◆ カテゴリー

◆ 最近の記事

◆ タグ一覧(お探しのキーワードをクリックし

◆ ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

◆ 最新コメント

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


◆ アジアの果てへの旅-全体

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
引き続き、バリ舞踏
バリ舞踊の演者(女性)

バリ舞踊(メイン)

ぽっちゃり王子のダンスの後は、2人の美少女ダンサーの登場である。
次々、目の離せないダンスの連続で、これで50,000ルピアは安すぎる。
晩御飯の大して美味くもないチキンソテーが45,000ルピアである。
これからは晩御飯抜きでも、毎晩、バリ舞踏を見なくて!

バリ舞踊(メイン)2

バリ舞踊(メイン)4

バリ舞踏(メイン)3

ダンスは佳境に入っていく。
後半に登場するダンサーの方がそれまでのダンサーより格上であることは、どの世界でも同じだと思う。そんなこと事情は知らなくても、見ただけで分かる。この二人は凄かった。

バリ舞踏(メイン)5

バリ舞踊(メイン)6

最後におっかないお面を被った大男が登場。日本の鬼みたいな存在なんだろうか。悪魔なんでしょうか。

いや~感動した!ほんまに凄い。これを見るだけにバリ、ウブドに来ても絶対に損は無い。
これで、ウブドの夜の過ごし方は決まった。と言うか昼間はどうでもいい(とは言わないが)。
夜が待ち遠しい。。必ずウブドのどこかバリ舞踏の公演があるからだ。

早く来い来い、夜よ来い

FCブログランキングに参加中です!
もし、気に入って頂きましたら、どうか一押しをお願いします
スポンサーサイト

テーマ:バリ島 - ジャンル:旅行













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ プロフィール

はにゃ

Author:はにゃ
遅咲きのバックパッカー
人生とは、月を見たり花を見ること
心はいつもアジア放浪中

◆ 広告



◆ フリーエリア

◆ ブログランキング


copyright 2006-2007 アジアの果てへの旅~インド・タイ・バリ島・カンボジア・ベトナム・ラオス・ニューヨーク旅行記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by ダイエット.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。